6/1(月)より営業再開のお知らせ

こんにちは、ひばり店主の鎌塚です。

4月より宿泊所としての営業を自粛しておりましたが、

6/1(月)より営業形態を変え、営業再開致します!

 

<ひばり6月ご宿泊受付内容>

・「一日一組限定」にて宿泊予約受付。
ひばりのすべてのお部屋にて宿泊を受け付けますが、お泊りいただけるのは一組のみ。

一組様の予約が完了次第、他の部屋が空いていてもご予約はできません。

お値段に変更はなく、下記の通りです。

シングルルーム(1名様):5000円
小さな離れ(2名様):6000円
和洋ツインルーム(2名様):7500円
和洋ダブルルーム(2名様):9000円
スーペリアルーム(2~3名様):15000円
一棟貸し(最大10名様):40000円

(※消費税込・宿泊税別)
(※お部屋情報の詳細はHPのお部屋ページよりご確認ください。)

 

本来貸切でご利用いただくには「一棟貸し」でのご予約が必要でしたが、

6月に限り「一部屋」ご予約いただくだけで、自動的に貸切となります。
(他のお部屋には滞在できません。滞在できるのはご予約したお部屋だけです。)

またスタッフの滞在・接客も必要最低限とさせていただきます。
ご希望のお客様には完全に接客なしの”セルフチェックイン・アウト”にも対応致します。

なお、ご予約は「HPの予約フォーム・Facebook・インスタグラム」からのご連絡にて承ります。
スタッフが店舗に不在の時間が多くなるため、お電話でのご予約は承れません。

7月以降のご予約は今後の情勢をみつつ対応を検討しますので、ご予約受付は「6/1 ~ 6/30 の間」にて承ります。

緊急事態宣言は解除され、すこしずつ明るい光がみえてきたように思えます。
この光がまた消えてしまうことのないよう、一店舗としてできる限りの対応をとり、営業を再開したいと思います。

 

それでは、どうぞよろしくお願い致します!

 

ひばり店主

鎌塚

 

 

雲雀は不死鳥に進化した!【不死雲雀Tシャツ販売のお知らせ】

 

こんばんは、ひばり店主の鎌塚です。

 

本日4月最終日をもって、ついにひばりの4月キャンセル率が100%確定となりました。

 

某感染症により燃えさかる炎に包まれる絶体絶命のひばり。

 

おや?!ひばりのようすが・・・

 

なんと、ひばりは不死鳥・ヒバリクスに進化した!やったぜー!!

こんなことでもなければ生まれなかったであろう、スペシャルTシャツが出来上がりました。

<太陽のヒバリクス>

 

<月のヒバリクス>

 

<フロントは和名”不死雲雀”>

 

 

サイズ展開はS・M・Lの3種類。

<モデル154cm・Sサイズ着用>

 

 

<モデル169cm・Mサイズ着用>

 

 

 

<モデル67cm・Lサイズ着用>

 

 

 

こちらのTシャツはオンラインストア『雲雀土産物店』でお買い求めいただけます。

着丈などの詳細はオンラインストアに記載がございますので、そちらにてご確認ください。

<雲雀土産物店>

https://hibari-omiyage.stores.jp/

 

着心地はどうでしょう。最年少モデルの耕(こう)さんに聞いてみましょうか。

耕さん、いかがでしょうか?

 

 

耕「なんであんたらがジャストサイズ着てんの?」

 

「・・・・」

 

耕「ふつうワイがSサ・・・」

 

はい!ありがとうございました。

とても心地よさそうですね。

 

いつおさまるともわからず辛い日々がつづきますが、わたしたちはこんな感じで元気です。

 

旅ができない。その応援もできないのが心苦しいですが

 

「死んでたまるか、死なせてたまるか。」

 

という思いを胸に、みんなで生き残るための最善を尽くしたいと思います。

 

みなさんの下に不死鳥が舞い降りますように!

 

ひばり店主

鎌塚

 

<我が家のかわいい不死鳥>

 

 

耕「こんな感じでどや?」

 

バッチリです!最高にラブリーです。ありがとうございます!

コロナウィルス対策限定プランのお知らせ English follows Japanese

※English follows Japanese

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

新型コロナウィルス感染対策として、下記の期間「1棟貸切ご利用のみ」の予約受付とさせていただきます。

通常の貸切料金から、大幅に値下げ致します。

こちらのプランに利用者の制限はございませんが、ご旅行でのご利用はお控えいただき、

仕事や生活上かかせない理由で滞在が必要な方にご利用いただけたらと思っております。

ひばりの最大収容人数は10名様ですが、今回は1部屋1名様ずつお泊りいただけるよう、最大宿泊人数は5名様までとさせていただきます。

 

たとえば、京都市内に遠方から病院へ通われている方、お仕事でどうしても京都へ出張が必要な方、帰国することができず一時滞在が必要な方、などの方々のお役に立てたらと思いご提供させていただきます。

ひばりの一階はバリアフリー設備が整っていますので、車椅子生活の方の滞在も可能です。

1台分のみですが駐車場もありますので、車で移動できれば公共交通機関を利用しなくてもすみます。

一棟貸切とすることで感染リスクを可能な限り抑え、少しでも社会のお役に立てるよう尽力致します。

 

プランの詳細は下記をご確認くださいませ。

 

コロナウィルス対策・ひばり一棟貸切限定プラン】

料金:15000円(税込)※宿泊税1名1泊200円は別途発生します。

期間:2020年4月1日ー4月19日

宿泊可能最大人数:5名様

5泊以上の滞在の場合、泊数に応じてさらに割引させていただきます。

ご検討の方はお気軽にご連絡ください。

(店を不在にしている場合がありますので、お問い合わせはメールにてお願い致します。)

 

またこの期間は基本的にスタッフによる接客はなく、1日1回の清掃サービスのみとさせていただきます。

宿泊時のご連絡は電話・メールにて対応させていただきます。

また状況がめまぐるしく変化しているため、期間の短縮・延長やプラン内容も、状況の変化に応じて素早く柔軟に対応していきますので、ご理解の程お願い致します。

 

大変な事態ではありますが、いちはやく日常に戻れるように

そしてこのような事態でも健やかな日々を送れるよう、宿屋としてできることをやり、またやらないことも決めていきたいと思います。

 

それでは、どうぞよろしくお願い致します。

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

店主 鎌塚 慶一郎

 

Hello , this is Kei from Hibari Hostel Kyoto.

 

As a countermeasure against COVID-19, we accept the reservation for “rent a whole house only”.

We will greatly reduce the price from the normal fee.

Please confirm as below.

 

【Special price for COVID-19 problem】

” Rent a whole house”

Price: 15000JPY (including tax)

※the accommodation tax 200JPY/per night per person is not including.

Period: Apr.1.2020 – Apr.19.2020

Number of persons : 5 persons maximum

※We will more discount if you stay over 5 nights.

 

There is no user restriction for this plan , but please refrain from using it for travel.

We hope that you will stay for work or life.

Hibari hostel has a maximum occupancy of 10 persons , but this time we will limit the maximum occupancy to 5 persons so that you can stay one person per room.

There is no service by the staff during this period.

We will work only for cleaning a house once a day.

Please contact us by phone or e-mail if you have any trouble.

In addition , the situation is changing rapidly.

We will respond flexibly to shortening or extending the period and plan contents according to changes in the situation.

Thank you for your understanding.

 

Hibari Hostel

Kei

【REMEMBER HIBARI TICKET 発行のお知らせ】

この度、平旅籠ひばり Hibari Hostel は

ネットショップ「雲雀土産物店」を立ち上げ、

そのショップからご購入いただける「宿泊チケット」を発行致します!

 

『雲雀土産物店(ひばりみやげものてん)』
https://hibari-omiyage.stores.jp/

 

 

 

新型コロナウィルスが猛威をふるい、当館も大きな影響を受けております。
閑散期である冬が過ぎ、ようやく春が訪れるというこの時期に、旅行者のみなさまに楽しい旅の場をお届けできない。
とても悔しく、寂しく、やるせない思いです。

宿屋の身としては多くの方にご利用いただきたい、という気持ちに変わりはありませんが、
様々な見解・憶測があり、身の安全が保証されず、多くの方が不安に思われている状況の中で、
旅行に来てください!と声を大にして言いたくない、という思いもあります。

そんななかで、ひばりが宿屋としてできること。

なにかないか?本当にできることはないのか?

考えに考えた末、この「チケット発行」に至りました。

 

<宿泊チケットはこちら。実際のチケットをお送りします。>

 

「いまは行けないけど、いつか必ず行くよ。」

そう思ってくださる方が様々な特典を受けられるチケットです。

通常予約より断然お得な、出来る限りのサービスを詰め込みました。

宿泊ができないという方も、商品券としてご利用いただけます。

ひばりのオリジナルグッズのほか、本屋・旅耕社の商品全てを対象にご購入いただけます。
対象商品 はネットショップ「雲雀土産物店」にも 随時アップしますので、そちらでもご確認いただけます。

どうか、ヒバリが忘れられませんように。

大変な状況の中でも、旅行者の方とつながりをもてますように。

そんな願いを込めて発行致します。

特典内容にご満足いただける方は、ぜひチケットご購入のご協力をお願い致します!
シェアしていただくだけでも、とても励みになります。

何卒、よろしくお願い致します!

平旅籠ひばり Hibari Hostel
店主 鎌塚 慶一郎

 

※ネットショップのチケット紹介内容には店主のおふざけがふんだんに盛り込まれており、
上記の文とのギャップが激しいかと思われますが「カラ元気」とご認識いただけましたら幸いです。
でも店主も妻も赤ちゃんも実際めちゃくちゃ元気です。その点はご安心くださいませ!

※ただいまクレジットカード支払申請中につき、カード支払はできません。
2週間以内(3月末頃)までには対応可能予定です。

スタイって”したい”だ。

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

子どもが生まれて、早4ヶ月が経ちました。

世の中はまだ混乱の真っただ中ですが、我が家はようやくすこし落ち着きがみえてきました。

 

初めての子どもとあって、無事産まれてくれた喜びから一転、

ちゃんと育てられるだろうかと夫婦そろって緊張の毎日を過ごしており、

育児を楽しむ余裕はあまりなく、不安に思う時間のほうが多かったと思います。

 

しかし先月頃から首もすわって、毎日笑顔をみせてくれるようになり

順調に体重も増えていることを確認し、最近ようやく子どもと過ごす日々を心から楽しめるようになってきました。

 

先日実家に帰り、両親に子どもを見せたところ

「あんたの赤ちゃんの頃にそっくり」と言われ、

むかしの写真をひっぱりだしてみてみると、驚くほど似てました。

 

【左:店主 右:天使】

 

 

髪の毛ボーボーなところまでそっくり。

天使のようにかわいい息子。

天使のようにかわいい店主。

 

この写真をみてから自分と息子をよく重ねあわせ、妻に怒られても「なんでこんなにかわいい自分に怒っているんだろう?」と思ってしまい、あまりピンときません。

 

息子のよだれはかわいいけれど、私のよだれはかわいくない。

息子のよだれはコーヒーに入ってもいいけど、私のよだれはコーヒーに入ってはならない。

 

そう話す妻の言葉がピンときません。なにが違うのだろう?どう違うんでしょう?だれか教えてください。

 

そうそう、それはさておきよだれと言えば、この2月よりひばりのとなりの本屋・旅耕社で「スタイ(よだれかけ)」の取り扱いがはじまりました!

 

【”読書”スタイ】

 

 

 

【”夢”スタイ】

 

 

 

本好きの方の出産祝いにぴったりの”読書”スタイ。

そして「あれもしたい、これもしたい、もっとしたいもっともっとしたい~!」という

我が子から聞こえてくる心の叫びを、今も色褪せぬ懐かしい音楽にのせて表現した当店オリジナルオーダースタイ。

どちらも京都在住の刺繍作家・風子さんのハンドメイド一点モノです。

 

日々よだれを垂らし、様々なものを口で濡らす我が子。

その濡れ跡をみて、これは人間の純粋な欲の跡だなぁ、と思いました。

なにをしたいのかはわかりませんが、なにかをしたいということだけははっきりわかる。

 

スタイにつく跡は、したいという欲の跡。

生きたいという気持ちの跡。

スタイって、”したい”だ。

 

そんな思いを込めて、お店に置いています。

出産祝いの贈り物にぜひおひとつ、いかがでしょうか。

 

【あれもこれももっともっとしたい人】

 

ひばり店主

1 / 1712345...10...最後 »