現場は進む

二階が徐々に出来上がっていくと同時に、一階も大工さんの手によって作り上げられていきます。

一階は床も天井も板を張り、壁は漆喰と土を混ぜたクリーム色の壁、受付やキッチンの天板も木製です。

受付の横には大きな窓のある出窓が作られて、窓の外には前庭が広がり、明るく爽やかな印象。

二階との違いを楽しんでいただけるかと。

と、言いつつも、まだ前の家の名残があり、木材や釘などの材料や工具がたくさん置いてあり、ブルーシートや石膏ボードで囲まれた空間は、工事現場でしかない。

こうなる予定だよ、といくら言われてもどうもピンとこない想像力の乏しさよ。。。

そんな中で照明器具やタイルを選ばなきゃいけないので、とっても悩み迷いました。

楽しい迷いだったけどね。

 

さて、そんな現場では、一日お休みすると何かがすでに出来上がっているというスピードでどんどん進んでいきます。

まずは外壁。古くなった杉板を剥がして、新しい焼杉板を張っていただきました。

見違えてぐっと渋さが増しました。同じ板がぱりっと整列していると、とても美しい。

またある日現場へ向かうと、一階の床板は張り終えていて、汚れないようにすでに養生されて見えず仕舞い。早い!

出来上がりを見るのは改修が終わった後で養生を取るときまでお預け。

そして天井。こんなとこにいったいどうやって板を張るのだ、と思ってたら事もなげにどんどん張られていき、たった二日で全部終わった。

ひゃー。

そしてまた別の日、数日前にはなかった受付とキッチンが姿を現した。

奥に見えるのがもとの玄関。ここは受付になり、この玄関部分には造り付けの棚ができる予定。

向かって左側にちらっと見えているのが出窓。

古建具屋で見つけてきた大き目の窓を取り付けてもらった愛らしい出窓を外から見た図。

この東側の面は解体後から壁が無く、ずっとブルーシートで覆われただけだったので、出窓ができて壁ができると、大分家らしくなって!すごいすごい!

 

わたしはと言うと、自分にできることをちょろちょろやっていました。

例えば、一階から二階への階段部分の壁の柿渋塗り。

柿渋は平安時代から使用されてきた日本固有の材料で防腐、防カビ作用があります。

地味ですけどね、そして独特の匂いがしますけどね、こういうの楽しくて好きなのですよ。

右上の一部分が柿渋を塗る前の状態。塗ると落ち着いた色合いでしょう?

大工さんが仕事を続ける中、次にわたしたちが手をつけたのはタイル張り。

その話はまた今度。

土の魔法

二階の廊下の壁と天井は土壁で覆われる予定。

天井板を取り払って梁を見せた高い天井までぐるりと土に囲まれた空間は、トンネルのような、洞窟のような、京都の路地のような、そんな面白い空間にしたい、といわもと先生。

その大変な壁塗りはいわもと先生にお任せなので、いいねいいねー!と呑気な私たち。

いや、ほんと、技術って、経験ってすごい。

壁塗りは楽しいけれど、ただ普通の壁だって素人では全然均等に塗れないし、土が乗ったこて板は重いし、塗り終わっても休む間もなく二度塗りしなきゃいけなかったりと、結構な労働。

だからみんなでやるとお祭りみたいな、学校祭準備のときのような、そんな楽しい時間になるのだけどね。

あんなに重くて、平らにしにくかった土と藁が混ざった材料が、岩本くんが塗るとまるでケーキのクリームみたいにするする伸びてく。

天井って塗りにくいはずなのに。すごーーーーい。ほんではやーーーーい。

洗面台の後ろには、瓦を一部分取り除いてガラス瓦をはめた明かりとりの窓があります。

その窓枠の部分も、慎重に、丁寧に、小さいこてを使ってきっちり仕上げます。

ただでさえ塗りにくいであろう天井は、高さもあるので足場も悪い。

洗面台の後ろ側には天井から床までの広い壁があります。

その壁も一気に仕上げます。まっすぐな壁だと余計にはやーーーい。

目の前できれいに仕上げられた塗りたての壁を触ってみたくなる欲求をこらえて、できました!

どどーーん。

何気なく当然のようにある壁にも、たくさんの時間と想いが詰まっています。

じっと見てそっと触ってみてくださいね。

愛すべき土壁

さてさて、話を改修記録に戻します。

二階の壁は廊下の天井を含め、客室、トイレも土壁を塗ります。

もともと土壁だった壁に再度新しい土を塗る際、まずは表面の古い土をこそげ落とします。

土埃が舞い、腕を上げっぱなしのなかなか地味なつらい作業。

助っ人ゆっこちゃん、しょうちゃんは職人のように黙々とこなしてくれました。

上の写真の左下、足元のところもそうですが、

ところどころ剥がれおちている部分や、強度が不足している部分には補修が必要。

これもまた地味な作業だけど、しっかりした下地を作らなければ、せっかく塗った壁も長くはもたないし、奇麗に塗りあがらない。基盤、大事。

こちらは設計と左官担当、建築士のいわもと君。彼の助言と指導のもと、どんどん進めます。

準備を整え、仲間たちの手を借りて、土壁塗り大会をしました。

手前はしょうちゃん、奥はゆっこちゃん。様になってるーーー!

わたくしも塗りました*

おなじみ錺屋月屋のりょこさん&日暮荘のやまちゃん。

りょこさん、土壁塗ってるだけなのにしなる身体が色っぽいですな。

やまちゃん、力強いですな。

この日のことをそれぞれブログ(錺屋はこちら、日暮荘はこちら)にも書いてくれています。ありがたやありがたや。。。

こちらは金魚家鯉屋のオーナーじゃんぼさん。脚立いらないんじゃないか説。

手間はたくさんかかるけど、藁と砂と土でできている土壁は自然素材オンリーで再利用も可能なスーパーエコな壁。

時間が経てば表情が変わり、塗り手によっても変わる柔軟な土は、人の手という必要不可欠な要素によって出来上がる、あたたかい素材。

みんなの気持ちがこもった壁のあるひばりちゃんが、これからいろんな人に愛されるといいな。

 

わいわいみんなで客室を塗っている間、外壁の漆喰を丁寧に仕上げていたいわもと先生。

さすがにうつくし。

こうやって二階の客室は個性あふれる壁がそれぞれ構えているわけですが、廊下は壁も天井もぐるりといわもと先生の手で塗られました。

その様子はまた次でご紹介。

オープニングパーティー!

そしてオープニングパーティー当日。

いろんな準備をしなきゃいけなくて焦るけれど、何とかなるだろ!とやけに余裕になったりで気持ちはふわふわしていました。

助っ人たちが周りに常にいてくれたから余裕だと勘違いしていたのでしょう。

お酒を飲んで祝うよりはゆっくり見学だけしたい、というひともいるだろうと思い、パーティーの前に3時間ほど内覧の時間を設けました。

おかげ様でたくさんの友人やお世話になっている方々に見ていただき、嬉しい言葉の数々をもらってほっとしたような、誇りに思うような、そんな気持ちでした。

自分たちの身内ではなく、改修工事にも関わっていない、一番お客さんに近いまっさらな目でそんなお褒めの言葉をいただくと、希望や自信が湧くものです。

そしてこのお祝いの数々!!withじゃんぼさん。

殺風景だった出窓が色とりどりに彩られました。植物があると空間が生き生きする。

そして夜のパーティーの部では、月屋スタッフのこすちゃんがたっくさんの愛にあふれるおばんざいをこしらえてくれました涙

けいくんの古巣のもと金魚家スタッフあいりーんも、立ち飲み屋あてやをオープンしたばかりなのに差し入れを持ってきてくれました。素敵なメッセージとともに。泣けるわ。。。

この盛り付けは女子助っ人たちにお任せ。女子は団結しつつ手際が良い。

夏ですからね、素麵もあるよ。

屋外のBBQ広場はさながらキャンプ場のような、自由でいい具合にばらけたゆるゆるした感じ。

しかし火の番は大変だったろうに、こっちも任せてしまった。ありがとう。

これはパーティーも終盤、おそらく午前1~2時。

久しぶりに会った人やいつも一緒にいるみんな、

改修でたっくさん迷惑をかけた工事関係の方などなど、

自分がこれまでいろんな形で出会って、関わって、それぞれの関係を築いてきた人たちが同じ場所に集まってくれることが、

不思議で、でも当然で、自分史の軌跡のようで、とても面白かった。

玄関に構えたこの巨大なお祝いは庭師のたーくんより。スケールでかいぜ。

たーくんの活躍はまた別のブログで。

 

たくさんのひとの手と気持ちが加わってできたひばりにふさわしい、にぎやかな、あたたかい夜でした。

ほんとうに、ありがとう。

これからもずっとずっとよろしくお願いします。

女将のチカラ

改修記録をちょっと横に置いといて、

時間をびゅんっと現在に持ってきて、2017年7月28日。

次の日の29日にオープニングパーティーが控えていたので、親愛なる優秀な女将ーズのお力をお借りして大掃除大会を致しました。

我らが大女将、和楽庵のるばさまは掃除のスペシャリスト。効率的に、徹底的に各部屋の掃除をこなしていきます。

掃除するのにスカート。その女っぷりと色気に釘付け。

梅夜の女将きむちゃんもるばさまと一緒にがんがん掃除してくれました。

金魚家鯉屋の女将ゆみちゃん、遅ればせながら登場。暑い中床拭きや油ふきをお願いしました。

同じく金魚家鯉屋のオーナーじゃんぼさん。大きいのに小さくなって玄関の建具を丁寧に油ふき中。

手に持ってるのはビールじゃなくて山中油店の桐油ですよー。

29日パーティー当日にも女将たちの力が光る。

日暮荘の女将やまちゃんは掃除を初め、地味なスロープ脇の小石詰めをやってもらいました。

やまちゃんは地味な作業を黙々と、が似合う、と勝手に思う。

頼む前に仕事を終わらせるひと、錺屋月屋女将のりょうこさん。BBQ用のイカさばき中。

買出しから料理運びやいろーーんな雑務を任せて、終始甘えっぱなしだったな。

駐車場裏の空きスペースを利用したBBQ会場。

かき集めたイスで囲まれたさながらフェスのような、キャンプ場のような空間に。いいじゃないの!

信頼できて、優秀な女将+αに助けられ、あわや不可能かと思われたパーティーが実現したのであります。

その様子は次のブログで…

1 / 3123