生麩と鴨とお茶マルシェ

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

前回市場で行われた食彩市のレポートを書きましたが、あらためてみるとお魚のことばっかり。

マグロ解体や狩人たちのインパクトが強すぎただけで、他にもたくさんあるんですよ!

ということをご報告したく、食彩市レポート第2弾!をお届けします。

 

 

まずは京都の生麩の老舗、「半兵衛麩」さん。

創業はなんと元禄二年(1689年)!老舗中の老舗の超絶おいしい麩屋さんです。

 

京都市内中に店舗があり、五条大橋のたもとに本店があるのですが、この中央市場店はなぜかホームページに載っていません。

会社概要の所在地欄に住所は書かれているので直営店に間違いはないはずなのですが、なぜか直営店リストには載っていないのです。

 

なのでこんなところに半兵衛麩さんが!とはじめてみたときはちょっと驚きました。

そんな隠れ半兵衛麩さん、食彩市では大盤振る舞いのサービスをされております。

 

 

なんと麩の袋詰め放題、500円ぽっきり!

高品質な京麩をワンコインで取り放題とあれば、狩人たちが黙っていません。

当然、パンパンに詰めてます。

あっという間に列ができてしまいました。

 

列といえば、こちらのお肉屋さんも。

 

「品川亭」というお肉屋さん。店主ははじめて知るお肉屋さんですが、こちらにも人がひっきりなしに並んでおりました。

 

看板?の「ハムノーセージ」に下町ならではの哀愁を感じます。

「特撰」はちゃんとしてんのに。。そっちの方が難しくない?

おそらく「ソーセージ」に直す必要がないほど売れているんでしょう。

 

さっきまで魚ばっかり食いたいと思っていたのに、お肉をみていたらもう気持ちがお肉に傾いてきてしまいました。食欲って浮気もの。

 

こちらのお店ではありませんが、別のお店で「あい鴨スモーク」が250円!で販売されており、衝動買い。

 

 

お店のおばちゃんに「サラダに入れてもおいしいし、からし醤油でそのまま食べてもおいしいよ~」と教えていただきました。 

早速帰って実食。はい、どちらもめちゃくちゃおいしい!

うますぎて写真撮るの忘れてしまった。。

 

食彩市の日は市場内だけではなく、市場周辺でも特別なイベントをしています。 

 

ひばりから徒歩5分の場所にある、「京の食文化を発信」をコンセプトに開設された「あじわい館」

ここでは、市場から卸される青果やお魚の紹介や試食、また料理教室など様々な方法で、市民や旅行者向けに京都の食文化を知ってもらうためのイベントを行っています。

 

食彩市のこの日は、宇治茶を楽しむ「お茶マルシェ」を開催!

店主は市場を楽しみすぎて時間切れ。店番タイムに突入してしまい残念ながらいけませんでしたが、宿直スタッフのSちゃんがおもしろそう!と行ってきてくれました。

 

利き茶ゲームや宇治茶ソムリエ講座、茶団子づくり体験など色々ありますが、そのほとんどが無料!

あっても参加費はたったの100円など、お財布に優しすぎるイベントばかり。

ひとりでも多くの人に京都の食文化を知ってほしい、という思いのなせる価格ですね。

 

Sちゃんは抹茶アート体験してきました!と言ってなんと!

ひばりを描いてきてくれました~!

 

 

さすが女子!かわいいですね~ 。これはうれしい。

そしてお土産に抹茶ティラミスと焼き菓子3点セットまで買ってきてくれました。

 

 

魚と肉を堪能し、そろそろデザートが食いたいと飢えていた店主はすぐさまコーヒーを淹れ、

抹茶&栗パウンドをいただきました。

そしてまたも写真を撮り忘れる失態。

パウンドだけ写真にはおさまらず、私のお腹におさまっております。

 

あじわい館では他にも毎日いろんなイベントが行われているので、食彩市の日じゃなくても楽しめます。

ひばりへお越しの際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

「京の食文化ミュージアム あじわい館ホームページ」はコチラ↓

https://www.kyo-ajiwaikan.com/

 

以上、食彩市レポート第2弾!でした。

食の彩りマーケット

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

今日は京都中央市場にて、月に一度の「食彩市」が行われました。

 

毎月第2土曜日は卸売市場が一般開放され、この日はだれでも自由に市場でお買い物ができます。

 

今日はあいにくの天気で小雨がパラついてましたが、それでもたくさんの人で大賑わいでした。

 

色とりどりの魚、魚、魚。瑞々しくてどれも本当においしそう!

   

 

 

 

お子様連れの人も多く、カニを指しながら「カサナー!これカサナー!」と叫ぶ男の子。

いろいろ間違えてますが、市場のおっちゃんはニコニコ。

普段は卸売専門なので、一般のお客さんと直接やりとりできるこの時間が毎月とても楽しいそうです。

 

 

お値段も市場価格ですごーくお買い得!ついつい買い過ぎてしまいます。

 

買い物だけでなく、「魚のさばき方体験」や「明太子が当たるスタンプラリー!」などイベントも盛りだくさん。

 

私は午前10時と11時に2回行われる、「マグロの解体&即売」イベントへ行ってきました。

 

 

ドでかいマグロをこれまたドでかい包丁で解体していく様は、迫力満点!

鮮やかに捌いていく職人技に、しばし見とれてしまいました。

 

 

 

ぜいたくなドでかい切り身は、1パック1000円ぽっきり!

 

マグロのバーゲンと化した会場でおばさまたちの目は完全に狩人になり、さばかれては売れさばかれては売れ、あっという間にマグロがなくなっていきます。

 

 

はよ捌いてパックに詰めんかいという無言の圧力の中、ちょっと顔がひきつってしまう市場の男たち。 

狩人たちの狩りっぷりは鬼気迫るものがあり、ある意味マグロ解体以上の迫力を感じました。

 

そんなおばさま狩人の群れの中、私もなんとか1パックの赤身を手に入れました。じゃん!

 

 

 

この写真じゃわかりにくいのですが、パック自体がドでかいサイズです。

そして今日のお昼は、どん!マグロ丼~

さばきたてのマグロはやわらかく、舌の上でとろけるように味が染みこんできました。

うーん、うまい!

 

 

他にもたくさん買い食いしてしまい、とても一度では書ききれないボリュームになってしまいました。

今回はお魚ばっかりご紹介しておりますが、他にもお肉やお漬け物など、色んな種類の食材をお買い求めいただけます。

 

これからも一食一食、市場の魅力を発信していきますので、どうぞお楽しみに!

 

 

<食彩市>

場所:京都市中央卸売市場第一市場内

時間:午前10時~正午(雨天決行)

次回は11/11(土)、12/9(土)開催予定。

 

京都の下町

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

今日はひばりのある「七条・丹波口」というエリアについて、ご紹介致します。

 

ここは京都駅から一駅とアクセスのいい立地ながら、祇園などの有名観光地からは少し距離があるため、これまであまり知られていませんでした。

 

しかし、「京都水族館」や「京都鉄道博物館」ができた梅小路公園や、祇園のような京都らしい風情の残る島原エリア、そして人気観光地の嵐山へも電車で一本など見どころが増えてきたことから、近年急速に発展してきています。

<京都水族館>

 

 

<島原エリア>

 

さらに2019年春には京都駅―丹波口駅間に新しい駅ができる予定で、現在工事の真っ最中。

より一層アクセスがよくなるので、はやくできないかな~、と完成を楽しみにしております。

 

しかし、私がこの町の魅力だと思う点は、その発展性だけではありません。

 

これから次々とできる新しいお店や施設ももちろん楽しみなのですが、この町にはすでに大きな魅力があります。

 

それは、京都の食を支えるといわれる「京都中央卸売市場」のもつ、“圧倒的なローカル感!”です。

 

 

 

 

明け方から開いているコーヒー屋、食堂、食材・日用品の店。

前掛け姿で食材を運ぶ男たち。

お店を切り盛りする女性たち。

道を歩けば、どこからかただよってくる炭火焼き鰻の香ばしい匂い。

 

ステレオタイプな京都らしい景色をいい意味で裏切ってくれる、

まさに「下町」といった風情を感じる場所です。 

 

京都中のお店にとどまらず、市外・府外からも買い付けにこられる料理人さん、小売業者さんがたくさんいるので、朝からとても活気があります。

 

卸売専門の市場なので市場内で個人的にちょこっとだけ買う、ということは残念ながらできませんが、たくさんの小売店さんが市場に隣接してありますので、市場の食材を購入しひばりで食べる、といった楽しみ方もできます。

 <材料から、調理されたものまで>

 

京都にはたくさんの名店があり、食事を楽しみにされている方も多いと思います。

その食を支えている京都の市場って、どんなところなのか?

市場を知ることで「京都の食」をより深く楽しめると思いますし、

そんな旅の楽しみ方は、このエリアでしかできません。

 

「新しい発展性」と「古きよき下町感」

 

この2つが入り混じった「七条 ― 丹波口」エリアは、隠れた魅力があふれています。

 

一見しただけでは見逃してしまいそうな魅力を、ひとつひとつ見つけ出していくのが私の目下の楽しみでもあります。

 

京都駅から一駅のローカルな下町を、ぜひお楽しみください。

 

旅先の名月

こんばんは、店主の鎌塚です。

 

明日は中秋の名月

もうすっかり秋になってしまいましたね。

 

京都では明日からたくさんの場所で、名月を楽しむイベントがございます。

数あるイベントの中でひばりがおススメするのは、こちら!

 

【観月の夕べ in 大覚寺・大沢池】

 

大沢池は「日本三大名月鑑賞池」のひとつに選ばれるほど、月がきれいに見られる場所です。

 

ひばりからのアクセスがとても便利なことも、オススメな理由のひとつ。

ひばりの最寄り駅、JR嵯峨野線「丹波口駅」から電車に乗って「嵯峨嵐山駅」まで約15分。

「嵯峨嵐山駅」から「大覚寺」までは徒歩約15分と、30分程度で行くことができます。

 

旅先で月を眺めるというのは、それだけで特別なもの。

 

私がむかしモロッコの砂漠を訪れたときは満月で

真夜中でも灯りなしで散歩できるほど明るかったことを覚えています。

 

温もりを感じない、ただただ美しいだけの無機質な月の光を浴びながら砂の上を歩いた夜は、

まるで異世界に迷いこんでしまったかのようでした。

旅先でみる月には、時々そんな魔力のようなものを感じます。

 

明日からはじまる名月を、京都を旅する人々はどのように感じられるのでしょうか。

京都に住むわたしには想像することしかできませんが

舟に乗りながら眺める月は、さぞきれいなことでしょう。

 

他のお月見イベントは、こちらのサイトよりご確認いただけます。

「KYOTO desigh」

https://kyoto-design.jp/special/kangetsu

 

名月の京都を、どうぞご堪能ください。

 

【観月の夕べ in 大覚寺・大沢池】

日程 10/4(水)~6(金)

時間 17:00~21:00 (受付は20:30まで)

参拝料:大人500円 小中高生300円

舟券:1000円(各日15時頃から勅使門前にて販売予定)

問い合わせ:075-871-0071

アクセス:

JR 嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩15分

市バス・京都バス「大覚寺」下車、徒歩1分

 

ひばりの由来

  

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

ときどき、「どうしてひばりという名前なんですか?」と聞かれます。

 

ひばりは漢字で「雲雀」と書く、雀(すずめ)に似た鳥です。

 

ひばりのある場所は、「朱雀」という鳥の神様の名前のついた町にあります。

またオープンの今年が酉年ということもあり、鳥の名前に縁があっていいなぁと思いました。

 

ひばりは小さい体ながら、雲にむかって天高く飛ぶ姿から、「雲の雀」と書かれるようになったそうです。

私たちのお宿も、小さくとも高い向上心をもち、たくさんの人の役に立てる場所でありたいと思い、

屋号にしました。

 

そのため、ひばりにはお宿のそこかしこに鳥のデザインが施されております。

 

 

 

 

といってもまだまだ少なく、もっと増やしたいなぁと思い、とある作品を購入。

 

この作品をみて、店主は思いました。

「これ、自分でつくれへん?」

ということで善は急げ、レッツトライ! はいできました。

 

 

ヘタクソ~、でもこちらにはひばりの特徴であるトサカもついてます。

不格好ですが、自分の手を動かしてつくったものには愛着がわきますね。

わたしの目にはとてもかわいく映ります。

 

かわいい我が子を羽ばたたせたい!と思い、2階廊下の梁に釣り下げます。

 

親子でつくりました。こちらはまるで天窓から降り立ったかのよう。

 

 

 

水玉タイルの洗面台を泉に見立てて、鳥の水飲み場に。

 

 

着水。

 

 

 

セットして早速、1歳のお子様から好評をいただきました。

嬉しくて、ドヤ顔で自慢していたら破壊されそうになりました。ドヤ顔はいけませんね。

 

これからもどんどん、ひばりらしいアイテムを揃えていきたいと思います!

 

ぜひ、お楽しみください。

 

 

1 / 512345