一周年*小さくも確かな幸せ

 

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

本日8月1日は

イギリスでは化学者ジョゼフ・プリーストリーが酸素を発見し

オランダではアンネ・フランクが最後の日記を書き

スイスではスイスが建国され

京都ではひばりが開業されました。

 

沖縄では「パ(8)イ(1)ン」の語呂合わせで「パインの日」に認定され

グリコ乳業は「カフェオレの日」と制定し

そんなわけで本日の店主はカットされたパイナップルを食べ、
コーヒーにミルクを混ぜたもの(あるいはミルクにコーヒーを混ぜたもの)を飲みながら

 

一周年という小さくも確かな幸せをかみしめています。

 

*小確幸(ショウカッコウ) * A Small, Good Things

 

「生活の中に個人的な『小確幸』を見出すためには、多かれ少なかれ自己規制みたいなものが必要とされる。たとえば我慢して激しく運動した後に飲むきりきり冷えたビールみたいなもので、『うーん、そうだ、これだ』と一人で目を閉じて思わずつぶやいてしまうような感興、それがなんといっても『確幸』の醍醐味である。」

 

という村上春樹氏の造語を、口の中にひろがるパインと一緒に味わっています。

なんだか今日は酸素までおいしく感じられます。

 

自己規制をしているつもりはなくても、宿屋は基本的に365日24時間営業なので、一年という月日が過ぎただけでもなんだか『うーん、まぁ、がんばったか』と心の中でつぶやく瞬間があったり、なかったり。

(厳密には休みをとったり昼寝したりしてるので、そのことを思い出すと「いやぁ、ちょっと、まだまだ」とつぶやきは上書きされます。自動的に。)

 

 

 

今年の「小確幸」な思いでのひとつに

 

「ここはカフェオレみたいね。」

 

とお客さんに言っていただいたことがあります。

 

ひばりはバリアフリーですが、基本的にはすべて共用です。

ふつうのところではちょっとありえないのでしょうが、個室の中にトイレやシャワーはありません。

障害のあるなし関係なく、お客さんには多くの設備をシェアしていただいています。

 

日本では”バリアフリー対応”の場所の多くが

「それを必要とする人たち”だけ”の場所」としてつくられていることが多く、

自然と「必要とする人」と「必要でない人」の生活の動線がわけられがちになっています。

(もちろん、これはわるいことではありません。そういう弊害もあるというはなしです。)

 

ひばりでは限られた設備を共有していただいているので、みんなが同じ空間にいます。

日本人も外国人も、小さい子もお年寄りも、バリアフリーを必要とする人も、そうでない人も。

そのお客さんはそんな景色をみて、

ミルクとコーヒーが混ざった「カフェオレ」みたいだと思われたそうです。

 

 

「牛乳の日」の6月1日と、「コーヒーの日」の10月1日のちょうど真ん中をとって定められた8月1日、「カフェオレの日」。

開業の日と重なったのは、ちょっと象徴的な偶然ですね。

 

と、そんな素敵な言い方をしたところで、バリアフリーが必要な方にとって

プライベートに使えるトイレやシャワーがないというのは、けっこう大変なことだと思います。

 

しかしだからといって「個室オンリー」だと、

結局バリアフリーにしない(つまりはバリアフリーじゃないんでごめんなさいねと言ってすませる)

という世の中になってしまうような気がします。実際、まだまだ少ないわけですし。

 

それに旅先では、ある程度そこの環境に順応する”ちから”がなくてはいけません。

完璧なバリアフリーは存在しません。

 

僕たちは、旅をすることで自然と、”生きていくうえで必要なちから”を身につけてほしい。

ときにイヤな思いをしたり、不便を強いられることがあるかもしれないけれど、その先にある可能性を広げていってほしい。

 

それがあなたにとっての、「小確幸」。小さくも確かな幸せにつながっていくと信じてほしい。


そしてそうやってがんばっている人がいることも、多くの人に知ってほしい。

 

そんな思いでひばりをやっていたら、自然とカフェオレみたいになりました。

 

 

本日、小さい宿ながら多くの方に支えられ、一周年を迎えられました。

 

本当にありがとうございます。

 

京都を旅し、ひばりを訪れてくださる方、関わってくださるみなさんにとって、小さくも確かな幸せを感じられる場所であれるよう、これからもがんばりたいと思います。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

鎌塚 慶一郎

ひばりの新たな最寄駅、名前決定!

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

先日、首をながーくして待っている新しい最寄駅の駅名が決定しました!

 

その名も、、、「JR梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」!

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・長い!苦笑

 

どうみても長いよJRさん!

 

ふつうに「梅小路駅」でいいじゃないですか~

市民の駅名投票では「梅小路駅」がダントツの1位だったじゃないですか~

なぜわざわざ「京都西」つけたんですか~。ないです、ないない。

 

六文字もある駅名なんて京都じゃ「八瀬比叡山口」か「京都精華大前」くらいしかないんじゃないですか。(どちらもローカルな叡山電鉄)

 

お客さんにご紹介する身としては、名前はシンプルであってほしかった。。

わかりやすさって大事!シンプルイズベスト!

ハングリー(主にお腹)で愚かな店主はスマートな名前じゃないとテンションが上がりません。

もう勝手に「梅小路駅」って呼ぶぞ!おー!

 

と、ひとしきり文句を言いつつも、京都で最も新しい駅ということで使いやすさはバツグン!のはず。

バリアフリーもばっちり取り入れてくれるみたいです。

 

ひばりへは現在の最寄駅「JR丹波口駅」よりさらに近くなり、また道のわかりやすさもバツグンによくなります。

曲がる角はなんとひとつだけ!とっても近く、そしてわかりやすくなります。

アクセスはよりシンプルに、スマートに!こちらはジョブズもきっと満足してくれるはず。

 

開通は来年2019年の春予定!

 

桜とともに、どうぞお楽しみに~!

 

JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定>の詳細はコチラ↓

https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12734.html

<スタンフォード大学生 京都留学支援についてのご説明>

 

 

 

日ごろよりひばりをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

ひばり 店主の鎌塚です。

「お知らせ」よりご案内しました「スタンフォード大学生 京都留学支援」について、

詳細をご説明させていただきます。

 

まず最初にご案内ですが、ひばりは宿屋として

「長期間のご予約(1ヵ月以上)」は基本的にお断りしております。

より多くのお客様に京都の旅を楽しんでいただきたいという思いから、ご理解をお願いしております。

 

しかし今回、スタンフォード大学様並びにスタンフォード日本センター様より
「バリアフリールームでの滞在を希望する大学生の京都留学」についてご連絡をいただき、
あらためて以下の問題が浮き彫りとなりました。

・受け入れ可能なホストファミリー様の少なさ
・バリアフリールームの数、また宿泊施設の少なさ

スタンフォード大学はどんな境遇の大学生にも、
学ぶ意志のある方には他の大学生と同様に留学を支援したい、という思いがあると伺いました。

しかし、毎年多くの留学生を受け入れているスタンフォード日本センター様でも、
今回「バリアフリールーム希望の留学生の受け入れ」というのは初めてのことだそうです。
いままで事例がなく、良い受け入れ先も中々見つからない中、ひばりにご連絡をいただきました。

ひばりはまだ開業してようやく1年を迎えるかどうかの、実績も少ない小さな宿屋です。
もちろん有名でもありません。

ご相談をいただけたことはとてもうれしく、光栄なことです。
しかし同時に、相談できる先の少なさを想像しました。

実績がないから受け入れ先がないのか。
受け入れ先がないから実績ができないのか。

いずれにしろ、京都に受け入れられるだけの「器」が足りないことはたしかです。

 

私自身学生時代、アメリカのカリフォルニアに留学し、そこでの時間は生涯忘れることのない、かけがえのない良い経験となりました。

母国とまったく違う文化圏での暮らしというのは、刺激に満ち溢れています。
感受性が高く、先入観の少ない学生のうちに他国を知る・感じるというのは本当に大切なことだと思います。
私が学生時代に与えていただいた機会を、等しく次の世代の方にも与えたい。
「環境が整えられない」というつまらない理由で、その機会を失ってもらいたくありません。

 

バリアのない環境を広げ

多少のバリアをモノともしない人としての強さを育み

誰もが広い世界へ飛び立てる、土台づくりに貢献したい。

ひばりはそういった社会的な意味で、クリエイティブな場所でありたい。

 

そんな思いから、今回滞在を受け入れさせていただくことを決定致しました。

この度の決定にて多くのお客様にご迷惑をおかけしますこと、重ねてお詫び申し上げます。

ご理解、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

平旅籠ひばり Hibarihostel
店主  鎌塚 慶一郎

「スタンフォード大学生 京都留学支援」及び「秋のバリアフリー対応ルーム満室」のお知らせ *English follows Japanese

 

お客様各位

日ごろよりひばりをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度、ひばりは「スタンフォード大学生の京都留学支援」に協力し、下記の期間ご滞在いただくことが決定致しました。

<期間>
2018年9月28日~2019年12月16日

<お部屋>
庭付きスーペリアルーム(バリアフリー対応)

上記の期間、バリアフリー対応のお部屋「庭付きスーペリアルーム」はご予約を承れません

紅葉の時期のご旅行を楽しみにされていたお客様、
特にバリアフリー設備が必要なお客様へ、この度の決定にてご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。

決定の理由について、下記のリンク先にて詳しくご説明させていただきます。

<スタンフォード大学生 京都留学支援についてのご説明>

 

ひばりの考え方と思い、そしてバリアフリー設備が必要な方の選択肢の少なさについて、あらためて意見を述べさせていただきました。ご高覧いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

平旅籠ひばり Hibarihostel
店主 鎌塚 慶一郎 

 

【Notice of Superior room ( accessible room) is full in Autumn season】

Dear Guests

We always thank you very much for your stay in hibarihostel.
In this autumn , we have decided to cooperate for study abroad program by Stanford University student.
During the following periods , the student will stay in Superior room ( accessible room) for study in Kyoto.

<The periods for study abroad program >
*** 28th Sep. 2018~16th Dec. 2019 ***

During this time, we will not be able to reserve at Superior room ( accessible room ) .

We apologize in advance for any inconvenience.

We try to increasing more accessible room and place in Kyoto , and in Japan !

Thank you for your understanding.

Hibarihostel

Keiichiro Kamatsuka

梅雨は梅酒!

こんばんは、店主の鎌塚です。

 

今年は絶対やろう!と思っていた「梅酒づくり」に挑戦しました~

 

 

梅雨は梅酒!

梅の時期に雨降るから「梅雨」って書くんか?と思いがちですが実はちがって、

ホンマは黴(かび)の生えやすい時期の雨で「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたそうです。

しかし!

「黴(かび)って超イメージわるくない?」

ってだれかが言い出して、うんうんわるいわるい、辛気臭いし、臭いもくさいし、やめとこやめとこ。

ねぇねぇみてみて、梅も「ばい」って読むらしいよ。ええやんええやん、語感似てるし、梅ってかわいくない?かわいいかわいい!ええやんええやん!黴(かび)より断然おしゃれ!梅にしとこ!

 

という女子高生的思考から「梅雨」という表記になったそうです。

「いやいや!黴雨(ばいう)は黴雨(ばいう)やけん!!」と伝統を重んじる世代の人たちもいたんだろうなぁと思いますが、今も昔も女子高生は無敵だったんですね。かわいいは正義。

「黴雨」は「梅雨」。「了解しました」は「りょ」または「り」。いつの時代も短くてかわいいショートカット文字が好まれたんですね~

ということで現代では「梅雨」となりました。

 

 

そんな無駄な解説をしている間も手は動かしてましたよ!

まずは梅を1kg用意!

そして水に漬けて「アク抜き」!エグ味をとります。

青くて固い梅は2~4時間ほど漬けるのがいいそうですが、まぁたぶんそんなに固くないし、2~4時間も話しするネタもないし、1時間!いや30分?待ってる間の時の流れって遅いですよね。体感で1時間くらい漬けました。

 

 

そして!梅酒づくりにはかかせない!ほじほじターイム!

竹串でヘタをほじってとります。

絶対に鼻はほじらないでください。死にます。

 

無心でほじる人たち

 

 

これもエグ美がでないようにするための工程。ヘタをとらないとエグ美がでてくるそうです。エグ美ってだれ?

 

 

ヘタを全部とったら、水気をとります。もう色んなものをとるんです。ミニマリズム。シンプルイズベスト。

 

 

そしてここで「氷砂糖」を用意!

200gがいいとか600gがいいとか500~800gとかネットの連中は好き勝手なことばっかり書いててよくわからん!650g入れました。理由は店主の勘です。

梅を瓶の底に敷き、氷砂糖を入れ、また梅を入れ、氷砂糖、と交互に入れていきます。

 

 

ドバドバドバドバ!ホワイトリカー(1.8ℓ)を注ぎます。

珈琲を淹れるように丁寧に・・・入れる必要はまったくないそうです。

 

 

できました!完成ー!はやい!

では早速味見をば、、、

え、全然味がしない。無味無臭!ホワイトリカーって無味無臭!言いにくいな無味無臭!

えーと、なになに?な、なんと!なんてこった!半年も待たないといけないそうです!

現代っこに半年も待てなんて無理やで~。Amazonで買ったほうが早いやん。

なんて元も子もないこと言うひとは、Booking.comでビジネスホテルをさくっと予約、コンビニでチョーヤ梅酒を買って飲みましょう。

 

めんどくさい手間をかけて、まだかな~言いながら大事に待って、どんな味がするのかな?!と楽しみに思う。

そんな時間を楽しめる方に、ぜひ飲んでいただきたいなと思います。

 

ということで半年後にお泊りのラッキーなお客さんは、「自家製ひばり梅酒(第一号)」が飲めるかも!

 

楽しみにしていてくださいね~!

 

1 / 1112345...10...最後 »