宿直スタッフ募集のお知らせ◆2019年8月スタート

 

 

【この夏、京都で暮らしてみませんか?】

ひばりでは現在、宿直スタッフ(フリーアコモデーション)を募集しております!

 

◆募集要項

<期間>

2019年8月から半年以上。(半年以下も相談可)※1年以上可能な方は優先的に採用させていただきます。

<業務内容>

・夜間の緊急時の対応(夜9時~朝8時)、連絡。

・週2~3日程度の掃除及び店番(チェックイン業務)。

 

<設備・条件>

・宿直業務(フリーアコモデーション)はアルバイトではありません。家賃・光熱費がお手伝いのお給料の代わりとなります。

・小さいですが、個室です。夜はお休みになって大丈夫です。緊急時の対応をお願いします。

・個室には布団一式、エアコン、窓、棚がついています。

・共有エリアのシャワー、キッチン(自炊可)、冷蔵庫、洗濯機、Wifiは無料で利用可。

・日中は基本自由時間です!観光はもちろん通勤・通学も可。

・週2~3日程度、日中業務のお手伝い(接客・掃除)をお願いします。

・外国のお客様が多いので、英語の勉強になります。英語力に自信がなくても、英語を話す意欲があればOK!

・外泊も相談可(月2、3日程度)。

 

◆ひばりのとなりには本屋「旅耕社」、スペシャリティコーヒーを取り扱う「キフ珈琲」があります。

本や珈琲好きな方は、より楽しんで暮らしていただけると思います!

 

ご応募は下記の「問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

http://hibarihostel.com/contact/

募集は決まり次第終了させていただきます。

その他ご質問などありましたら、お問い合わせ時にお気軽にご連絡ください。

それでは、ご応募お待ちしております!

 

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

店主 鎌塚 慶一郎

 

 

 

 

本と珈琲と日々のこと

 

こんにちは、ひばりの鎌塚です。

 

すっかり春の陽気が続く中、お庭の木々に葉が茂ってきました。

いい天気に触発されてなんとなくなにかを書きたい気分になったので、この頃のことをつらつらと書きたいと思います。

 

フェイスブックやインスタグラムで散々発信していましたが、2月よりひばりのとなりに本屋ができました。

「旅耕社(リョコウシャ)」といいます。

 

 

 

 

 

新しい視点を与えてくれるという意味で、本は旅ととても親和性の高い製品です。

つかい方に迷う余地がないという点で、「本」はプロダクトとしてある種の理想的なかたちであるともいえます。

それでいて、中身はまったく自由な世界が広がっている。

普遍的で美しく、自由であり新しい世界へつながる扉になる。

そういう意味で、ひばりも「本」のようでありたいなと思います。

この場所がきっかけで旅にいきたくなったり、また旅をしたような気分になっていただけたら幸いです。

 

 

またつい4日ほど前からですが、「キフ珈琲」という珈琲屋のふりをした寄付活動をはじめました。

こちらに関しては説明が長くなってしまいそうなので、またあらためてご案内します。

インスタグラム@kifucoffee.kyotoにて日々更新していますので、よければご覧ください。

 

 

先日から、ドイツよりお越しのご家族が貸切でご宿泊いただいています。

普段は掃除のたびに毎日きれいに片づけている公共エリアも、貸切のためどうぞご自由にということでプライベートなものがそこかしこに放置されています。

 

 

 

 

日々いろんなものが増えてゆく・・・

 

 

 

いつもはお泊りいただく方みなさんが気持ちよく過ごしていただくために、トイレや洗面台にものを置きっぱなしにすることはご遠慮いただいていますが

 

貸切のときはこのように、わかりやすい生活のあとが残ります。

 

僕はきれいな場所が好きですが、からっぽな場所は好きではありません。

きれいに掃除したあとでなかなかお客さんがチェックインに来られないときは、はやくだれか来てキッチンとかトイレとか使ってくれないかなと思います。

雑誌の中の完璧な部屋の写真に違和感を感じるように、生活感を感じられない空間にいると居心地がわるくなってくるんでしょう。

 

そのためいまのように貸切でご利用いただいているときは常に居心地がよく、ありがたいです。

 

宿という場所は自分の場所でありながら、自分ではない他のだれかの場所。

たとえ一時的にであっても、行ったこともない国の人と場所と時間をともにするというのは、よくよく考えたらとても不思議なものだなぁ。と、みたこともないシャンプーや歯磨き粉を横目にみながら思いました。

 

おもしろい時代になったものですね。

 

平成も残すところあと数日。

 

令和はいったいどんな時代がくるのでしょうか。

 

どんな時代になっても、いまのように日々を楽しんでいたいなと思います。

 

それでは、また。

 

ひばり 店主

 

写真と時間

こんにちは、ひばりの鎌塚です。

 

あたたかくなってきたかと思えば、また少し寒い日が戻ってきたり。

着る服を間違えそうな日が続いていますが

寄せては返す波のように、冬と春が移ろいゆくこの時期が好きです。

 

そして今年はひそかに、春以上に心待ちにしていたものがありました。

それが、こちらの写真です。

 

<シングルルーム>

 

 

<クアドラプルルーム>

 

 

これらは、写真家の堀井ヒロツグさんに撮影していただいた写真です。

モデルさんのヘアメイクはYAK KYOTOさん。

 

<スーペリアルーム>

 

 

 

私は個人的に写真をみているとき、主に2種類の写真があると思って見ています。

 

ひとつは、人やモノや風景を「写している」写真。

証明写真とか、商業写真と言われるもの。

その人がそこにいることの証明になったり、宿だったら設備をもっていることの証明となる、説明的な写真。

 

もうひとつは、光で時間を「写している」写真。

日々太陽は動き、風がふき、雨がふり、花が枯れ、咲く。

停まっているものはなく、すべてのものがゆっくり、ときに激しく揺れ動いている世界で、一瞬の時間を視ることができる、感覚的な写真。

 

<小さな離れ>

 

 

 

私たちが営んでいる「宿」という場所を、「設備を提供している」場所として捉えるならば、「説明的な写真」が適していると思います。

過不足なく伝えることが大事で、きれいに写った明瞭な写真がいいでしょう。

 

私はひばりという場所で、「時間を提供している」と思いながら日々お客さんと接しています。

家を出て、移動し、知らないものをみたり、触れたり、食べたりして、家にいては体験できない新しいものに刺激を受け、宿に泊まり、帰る。そしてまた新しい旅先へ。

宿はその一連の時間の流れの中のひとつであり、そしてまた新しい時間を過ごすための場所。

 

この場所をひとつの「時間」として捉えるなら、時間を写している写真がいい。

そう考え、この度縁あって、写真家の堀井さんに撮っていただくことが叶いました。

 

 

<本屋・旅耕社>

 

 

これらの写真は、だれもが納得する宿屋の写真ではないかもしれません。

 

これらの写真は、だれもがみることができるわけではない時間を写しています。

旅も同じです。

あなたがしてきた旅も、これからするかもしれない旅も、だれもが経験できるわけではありません。

今日は今日しかありません。

 

これらの写真から、私たちが「時間」を大切にしていること。

ここに関わってくださる方の時間が、いい時間であってほしいと願っていること。

 

そんな気持ちが伝わってもらえたら、と思いながら、これらの写真をみています。

 

もうすこしで桜が咲きます。

 

ぜひ一緒に、春の時間を楽しみましょう。

 

ひばりホステル

鎌塚 慶一郎

 

宿直スタッフの募集◆2019年2月~ ※こちらの募集は終了しました。

【京都で暮らしてみませんか?】

ひばりでは現在、宿直スタッフ(フリーアコモデーション)を募集しております!

 

◆募集要項

<期間>

2019年2月から半年以上。(半年以下も相談可)※1年以上可能な方は優先的に採用させていただきます。

<業務内容>

・夜間の緊急時の対応(夜9時~朝8時)、連絡。

・週2日程度の掃除及び店番(チェックイン業務)。

<設備・条件>

・宿直業務(フリーアコモデーション)はアルバイトではありません。家賃・光熱費がお手伝いのお給料の代わりとなります。

・小さいですが、個室です。夜はお休みになって大丈夫です。緊急時の対応をお願いします。

・個室には布団一式、エアコン、窓、棚がついています。

・共有エリアのシャワー、キッチン(自炊可)、冷蔵庫、洗濯機、Wifiは無料で利用可。

・日中は基本自由時間です!観光はもちろん通勤・通学も可。

・週2日程度、半日もしくは1日、日中業務のお手伝い(接客・掃除)をお願いします。

・外国のお客様が多いので、英語の勉強になります。英語力に自信がなくても、英語を話す意欲があればOK!

・外泊も相談可(月2、3日程度)。

◆現在ひばりのとなりにて小さな本屋を開業予定。本好きの方、ウェルカムです!

 

ご応募は下記の「問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

http://hibarihostel.com/contact/

募集は決まり次第終了させていただきます。

その他ご質問などありましたら、お問い合わせ時にお気軽にご連絡ください。

ご応募お待ちしております!

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

店主 鎌塚 慶一郎

 

台風が過ぎて・About Typhoon

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

関西で猛威をふるった台風21号。

台風がきてもいつもなんだかんだ大きな被害のない京都市内ですが、今回はそこかしこで被害を受けてしまいました。

 

ご報告が遅くなってしまいましたが、ひばりは大丈夫です!

当日は辺り一帯が停電したり、塀や扉が飛ばされるなどてんやわんやな状況でしたが、頼れる工務店&電気屋の兄様方のおかげで、ひばりは通常営業しております。

 

しかし関西空港はまだ完全復旧とはいえず、さらに北海道でも大きな地震が起こり、不安な思いでおられる方がたくさんおられることと思います。

 

被災地の方々が一刻もはやくもとの生活に戻れるよう、祈るばかりです。

 

大変なときではありますが、外国からのお客さんに日本人のたくましさをみせてやる!くらいの意気込みで、ひばりはいつもと変わらぬ平常運転で今日もお客さんをお迎えしております。

 

こういうときこそ、日本のよさをお伝えできたらいいなと思います。

ということでこれからも変わらず、みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

平旅籠ひばり

店主 鎌塚 慶一郎

 

Thank you for warm messages.

We are all fine now. We running as usual.

But ,Kansai-airport and some temple and shrine in Kyoto has damaged by typhoon.

Please check the information about transportation from Kansai-Airport for your flight.

https://www.kansai-airport.or.jp/en/

And , please contact us if you have any problem for your travel.

 

I hope you can enjoy your travel in Kyoto !

 

Hibarihostel

Kei

 

 

1 / 3123