雲雀補完計画:宿泊予約受付休止のご案内

 

こんにちは、ひばり店主の鎌塚です。

 

もうすぐシン・エヴァンゲリオンが上映されますね。

私はエヴァの細かい設定などは基本的にどうでもよく、「人類補完計画」ってなんだろうって思いながら美しい映像と音楽をボーっと感じて楽しんでいます。

 

ひばりの営業もそんな感じでボーっと楽しみながらやっておりますが、なかなかむずかしい世の中になってきました。

というわけでこの度、「雲雀補完計画」の名のもと宿泊のご予約受付を一時休止とさせていただきます。

 

3/15まで開催としていた「森と、眠る」も休止、貸切割引サービスもストップとなります。

残念なお知らせとなってしまい申し訳ございません。

(※この文における「残念」には大事なお知らせをアニメにでてくる本人もよくわかっていないキーワードとかけてお伝えする「店主の残念なセンス」の意も含まれております。)

 

人類補完とちがって雲雀補完計画の目的はとってもわかりやすく、

「ひばりを維持すること」

 

維持するために必要なこととして、まず家族でひばりに住みます。

家は誰かが使わないとどんどん傷んでしまうため、継続して手入れをする必要があります。

ご予約いただいても最終的にキャンセルとなってしまう世の中、

安定したご利用がむずかしくなってきているため、私たちできちんと使おうと思いました。

 

自宅は別に古い家を借りて住んでいましたが、

①迫る退去期限

②お風呂の水道管が凍結

③別の水道管が破裂

④緊急事態宣言!

と色々重なり、ひばり移住は私たちにとってもいい(?)タイミングでもありました。

ちゃんと普通に使ってても傷みは進むので、使わないともっと大変なことになっちゃいます。

 

ただ、私たちが住む=1歳児常時在住となります。

 

<アンパンマンの顔を蹴りまくることにご執心の天使>

 

<悪魔化。びやぁぁぁぁぁぁぁぁん!!>

 

天使と悪魔が毎時毎分コロコロ入れ替わるような生命体と同じ屋根の下に寝泊りさせて、お金をいただくなんて我々には考えられません。

全館に轟く「びやぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」に平謝りして返金する未来がリアルに想像できます。

 

そういうわけで住みながら宿泊受付を継続するというのはむずかしく、予約受付休止とさせていただくことにしました。

 

また維持するためにもう一つ、「珈琲豆の焙煎と販売」に注力したいと思います。

 

 

 

ありがたいことにご注文が少しずつ増えていますが、宿の維持をしつつ珈琲豆の焙煎をするとなるとどうしても少量生産となってしまい、お渡しに時間がかかっております。

 

珈琲豆と関わる時間が増えるにつれ、もっと珈琲のもつ魅力を伝えていきたいと思うようになっていますし、こちらに集中できる環境をつくれることは今の私にとっても最善です。

 

 

 

ひばりで生活することでこの家をきちんと維持し

珈琲豆の焙煎、本屋喫茶など

しばらくは宿泊以外のカタチで、旅の魅力を伝えることに注力します。

 

雲雀補完計画を解除する頃には、

シン・ヒヴァンゲリオン!

かというくらい、おもしろい姿になっているようガンバりますので

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します!

 

ひばり店主

鎌塚 慶一郎

 

内に言葉を

 

母屋の四部屋に、新しいカーテンをご用意しました。

 

 

 

あたたかくやわらかな質感の布に

 

文字と幾何学模様

 

 

 

共に自然から派生したもので、各部屋ごとにテーマがあります。

 

 

 

海辺できれいな石を探すように、テーマ探しをお楽しみください。

 

 

 

 

こちらのカーテンはすべて、京都在住の刺繍作家・風子さんに制作していただきました。

部屋の特徴に合わせて、布選びからご協力いただき素敵な作品を届けていただきました。

 

 

 

どんな時代であっても

 

心の内に種を蒔き、言の葉を育てる

 

そんな空間をコツコツとつくり

 

自然環境を守るように町家を守り

 

宿を営んでいきたいと思います。

 

たくさんの方にご利用いただける日を楽しみに、お待ちしております。

 

だれも困らない混沌

 

あけましておめでとうございます!

新年と同時に!というわけではなくちょっと前から変わってたのですが、ホームページを少しリニューアルしました。

開業から3年経ち、すこしずつ店が変化した分だけデザインも変わりました。
言葉も変わってますが、根っこは変わりません。

おいぃ、屋号変わっとるやんけ!と思われたかもしれませんが変わってません。

前もどこかで書きましたが、「本」にみえるこのロゴ文字は「平」の旧字体です。

屋号は変わらず「平旅籠(ひらはたご)」。

本のある宿(旅籠)やから本旅籠(ほんはたご)でも別に間違ってはないので、お電話で「本旅籠ですか?」と聞かれたら「はい!」って元気よく返事します。

こちらからのお電話はもちろん「平旅籠ひばりです。」と言います

「ヒラハタゴヒバリです。」すら一回で聞き取ってもらえない日がはじまって早3年、さらに難易度が上がりました。

わかりやすさ推奨社会にドロップキック。

ややこしい!でも世の中はもっと混沌としています。
うちの屋号レベルのカオスはかわいいもんです。

観光地でもない場所で
わかりにくい店名で
混沌推奨思考の店主が

平凡に、平穏に、ときどき昼から地面と平行になりながらお待ちしております。

平々本々 HeyHeyBonBon

というわけで(どういうわけで?)

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

『森と、眠る』貸切割引50%OFFのご案内

森と眠る

 

こんにちは、ひばり店主の鎌塚です。

ひばりでは2020年12月15日〜2021年3月15日の3カ月間、”休眠”をテーマとした植物展示による”お休みの催し”、『森と、眠る』を行います。

 

よく休み、よく働く。

と言いますが、よく働いてばかりの現代。

休めていない人がとても多いように感じています。

冬は、お休みの季節。

休むこと、そして生きることについて、あらためて考えてみませんか。

そんな思いから、企画しました。

休眠中の植物と休みにまつわる本を多数ご用意し、あらためて”休むこと”を問い直し、ひとりひとりの”新しい休み方”を見つけられる場をつくることを目的としています。

 

<ご案内文>

 

 

 

そしてこの冬はより安心して気軽にご利用いただけるよう、期間中に限り「貸切プラン」を50%オフにてご提供致します。

 

<期間中貸切料金>

通常料金:50,000円(税込)/泊 → 25,000円(税込)/泊 

さらに、連泊の場合2泊目以降は20,000(税込)/泊 にてご利用いただけます!

<森と、眠る期間>

2020年12月15日〜2021年3月15日

<最大定員数>

8名様まで

<お部屋と定員>

スーペリアルーム:2名様(簡易ベッド追加で最大3名様)

ダブルルーム:2名様

ツインルーム:2名様

シングルルーム:1名様

 

<ご注意>

・1名様からご利用いただけますが、料金は一律25000円/泊(2泊目以降20000円/泊)です。
・宿泊税は別途発生致します(1泊200円x人数分)
・1階本屋スペース、小屋スペースに限り、本屋喫茶営業時間(12時~20時)は他のお客様もご利用されます。
・小さな離れは貸切利用に含まれません。母屋の一棟貸しのみとなります。
・GOTOトラベルではありませんので、地域クーポンはございません。

 

 

 

忙しい毎日や不安を煽る雑音から離れて

 

変わらずにあり続ける植物の生き方を見つめたり

一冊の本をじっくり読んだり

気になってた漫画を一気読みして、疲れたら午睡して

朝は暖かい珈琲やお茶を飲んで

家族や友人とゆっくり話す

 

そんなことをしましょう。とにかく、休みましょう。

冬はすべての生き物にとって、そういう季節です。

 

 

お飲み物は自家焙煎の珈琲、また自家製コーラやチャイがございます。

こちらもぜひお楽しみください。

 

 

 

 

その他ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご予約はホームページ、またはインスタのDMからも承ります。

よく休み、よい冬を過ごしましょう。

 

ご予約お待ちしております。

 

ひばり店主

鎌塚

GOTOトラベルキャンペーンについてのご説明

 

こんにちは、ひばり店主の鎌塚です。

すこし肌寒くなってきましたが、秋晴れのつづく旅行にいい季節になってきました。
今年は春夏とあまり外出できず、季節を感じる時間も少なく一瞬で過ぎてしまったので、
秋の紅葉は楽しめるといいなと思います。

本日はたくさんの方がご利用されているであろう

「GOTOトラベルキャンペーン」

について、当館の方針をお伝えしたいと思います。

 

最初にお詫びいたします、申し訳ございません。

多々お問い合わせいただいておりますが、当館ではキャンペーンをご利用いただけません
現在のところ、今後もキャンペーン適用の予定はございません。

当館が適用の対象にならない、というわけではなく、
私の判断でキャンペーンを利用しないことを選びました。

多くの方からご心配、ご支援をいただくなか、どうして?というお問い合わせもありましたが、
安易にお答えするといま頑張っておられる他のお宿さんたちへの批判と受け取られたり、
モチベーションを下げるようなことになるだろうと思い、広く発信することは控えておりました。

近所のお店の方々には、

・名前がダサい
・気づいたらキャンペーン申請期間おわってて
・ホステル向きのキャンペーンじゃない
・いまお腹いたくって~

などお茶をにごしていました。中には失礼にも程があるものも。心配してくれてるのにホンマにすいません。
GO TO トラベル、なんか「頭痛が痛い」みたいじゃない?とかも言った気がします。
イタいのは私です。

といってもほかのお宿さんの邪魔になるようなことは言いたくないし、
このままお茶をにごし続けるしかないよなと思っていましたが、ついには

「もしかして、近い将来閉店されるからですか??」

というお問い合わせをいただいてしまいました。

真剣に心配してくださる方々がいる中これではダメだなと思い、

今更ですがきちんとご説明しなければ、と筆をとった次弟です。

はじめに申し上げますが、閉店の予定はありません!笑
当館に隕石が直撃するくらいのことがない限り、がんばって営業を続けます。
隕石が直撃したら、それを見にくる方々に観覧料をとってでも続けます。
そんな心構えでいますので、ご安心ください。

さて、ようやく本題ですが

当館が現在のところ本キャンペーンを利用しないと決めた理由を一言でいうと

 

「まだ悩んでいるから」

 

これがいまの答えになります。

いま起こっている問題とその対処について、
私個人の中でまだ迷いながら営業を続けています。

最初に本キャンペーンを利用しないと決めた理由は、

「今回の問題が、お金ではないから」

というものでした。

みなさんお金がないから旅行に行けないのではなく、
感染するのが怖かったから、させるのが怖かったから、
外出自粛制限があったから、といったことが問題だったわけで

「お金ないから行けない」

ではないと思いました。

また、安くなったから行こうという心理も、それを助長しうながすような発信も
私一個人としてはなんだか悲しいなと感じておりました。

「お金が問題ではない。」

そう思っていましたし、思いたかったというのも理由のひとつです。

ではこのキャンペーンを利用されてるお宿さんやお客さんを否定するのか?
と思われる方もいるかもしれませんが、決してそうは思っていません。

私は、他人がやることに対してはなにも気にならないのに、
自分がやることに対しては逐一気にしてしまう性分です。

人にはそれぞれ様々な事情があります。
それは自分にはすべてわかることではないので、
なにか考えや理由があるんだろうなと思うだけ。
正当性がある、ないとかそんなことは、他人についてはあまり考えません。

ただし、自分は違います。
自分の行動や考えは自分にしかわからず、自分にはすべてわかってしまいます。
これは自分にとって正しいと思えることか?
自然とそのような問いがでてきます。

正しい、と本気で思えない行為をしたときは、けっこう後悔する確率が高い人生でした。
まだ少ない人生経験ですが、人生を通して学んだことのひとつです。

本キャンペーンについては、私の中でまだ答えがでていません。

お金が問題ではないと思っていましたが
収入が減少した方、し続けている方が大勢いること
そしてまだ先が見通せない状況であること
そう考えると、お金が問題、ともいえます。

私に至っては減少というより消滅に近いので、なおさら必要な立場かもしれません。

やれることはすべてやる
なにをしても生き残る

真剣に商売をされている方々こそ、そう思ってキャンペーンを利用していると思います。

スタッフを抱えているお店はなおさら。
国もできるだけ平等なかたちでの支援策を考えた結果、
やってくれているであろうことも理解しています。

ただ、まだやはり参加しようとは思えていません。
いま思ったってどのみち遅いでしょうが、参加できたとしてもまだするつもりはありません。

お得になるから行こう、という心理になりたくない自分がいます。
先日久しぶりに家族で旅行しましたが、そのときもかたくなにキャンペーンを利用しませんでした。
そんな自分がやる宿で、キャンペーンをやるのは自己矛盾です。

これはまったくお客様本位ではない、自分本位な話しです。

それにつきましては、心よりお詫び申し上げます。
客商売の身として失格かもしれません。

言い訳がましく聞こえますが、そんな思いからキャンペーンに参加することに時間と労力を割くより、
違う方法で「おもしろそう!」「お得だ!」と感じてもらえることに力を入れたいと思いました。
(お店をやっている方ならわかると思いますが、キャンペーンに対応するのも大変なエネルギーがかかります。)

珈琲豆の焙煎・販売や、本屋喫茶サービスがそれです。

宿泊料金を変えずに、質を上げられるように

その取り組みに力と時間を注いでいます。

当館は現在店主ひとりで経営・運営しています。

ひとりでやれることには限界があり、取捨選択をしなければならないという中で

私は上記の行動を選びました。

これからどうなるかは、わかりません。
自分の考えに折り合いがつき
同じようなキャンペーンが出されたら、次は参加するかもしれませんし
やはりしないかもしれません。
かわいい子どもの顔をみているうちほだされて
自己矛盾を抱えながらもやるかもしれません。
すでにほだされて、やっときゃよかったか?と思う夜もあったり、なかったり。笑

 

 

(自家製コーラを試飲する嫁とそれをみつめる息子。「わいのは?」って声が聞こえる。気がする。)

 

長くなりましたが、一店主なりに真面目に、できるだけ誠実な気持ちで書きました。

ご理解いただけましたら幸いです。

こんなお店ではありますが、今後とも何卒よろしくお願い致します。

 

隕石が落ちる、その日まで。

 

ひばり 店主
鎌塚

1 / 712345...最後 »