福知山雅治の旅

 

盆地で寒いけどあんまり雪は積もらない、京都市内。

 

「ごっつい雪がみたい!」

 

という安直で原始的な欲求から、京都の北部。福知山へ行ってきました。

 

福知山は人口約7800万人。そのほとんどが「福山雅治」を知ってることから、「福知山」と名付けられました。

縄文時代の始め頃から人が住んでいた形跡がある、歴史の深い町。

地層からは福山雅治のオフィシャルグッズも多数出土しているそうです。

 

これはひばり一(いち)、福山雅治に似てる私が行かない理由がない!

ひばりの最寄駅である「JR丹波口駅」からもJR嵯峨野線でたったの1時間!

ということで電車に乗って、レッツラゴー!

 

 

ガタンゴトン、揺られること約15分でもう!この景色。保津峡です。

 

 

さらに15分。京都市内からたったの30分!い~い眺めです。

 

雪国!

 

 

とはしゃいでるうちに車窓にみえるは福知山城。着いちゃいました!はやい!

 

 

城へ行く前に、まずは腹ごしらえ。

福知山はなにがうまいんだろう~と思っていたところ、駅前で「B級グルメ ゴム焼きそば」なるものを発見!

他のお店がつくってヒットしたのをビジネスチャンスや!と思った店主が駅前で立地のいい物件をゲットして開いたであろうお店に入りました。よっ、偏見のカタマリ!

 

 

ゴムオム焼きそば!偏見の目でみても、おいしそう。

 

ゴム焼きそばを食しご満悦の雅治。

 

お腹も満たしたし、いざ城へ!そしてさすが北部。雪がすごいです。

 

 

せっかく福知山に来たし雪もきれいだし、ここで一曲、冬の雅治の曲でも口ずさもうと調べたところ

ヤフー知恵袋のベストアンサー(2011年1月)

私が思うましゃの冬うたは、
Heart of Xmas
Sandy
Kissn’in the holy night
Sweet Darling
そのままで…
BLOOD

あと、「家路」は秋っぽいと思います。

 

という回答がでてましたが、一曲も知りませんでした。

Heart of Xmasなんて曲あったか?ひばりのましゃはBurnin’ X’msa しか知らなかったので、とりあえずそれを歌いました。

キャンドルも!十字架も!あ~いにチ・カ・ラを与えてよ☆

歌うと体がポカポカあたたまりますね。

 

なんて言うてる間にドンっ!着きました!福知山城~!

雅治が全身で喜びを表現しています。見えますか?

 

深く積る雪の中を皮靴で走る雅治。さすがの雅治も冷たすぎてオカマ走りになってます。

 

童心にかえってはしゃぐ雅治。

 

 

城内でもはしゃぐ雅治。

 

 

 

福知山城は福山雅治デビュー10周年を祝い建てられた城。その工法はなんとピラミッドの建築時と同じやり方だったそうで、狂気ともいえるましゃファン達により全部手作りで築城されました。維持費もすべてファンクラブ資金によってまかなわれています。

 

城の最上階から。福知山市民がそれぞれの家で、ひとつ屋根の下で暮らしている景色を眺められます。

あんちゃん!小雪の気持ちも考えてやれよ!

 

<次回予告>

おいしい和菓子屋、せまるストーカー、奇跡の日曜日!

雅治、福知山の城下を歩く。

 

乞うご期待!

 

※このブログはフィクションです。実在の人物や団体などとは一切がっさい関係ありません。

食育の冬(あじわい編)

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

前回「食育の冬(市場編)」を書きました。

 

2(ツー)があるなら1(ワン)があるように、「市場編」というからにはまだあるんじゃないか、と思われたでしょう。

ご安心ください、ちゃんとあります!

 

ということで、今回は食育ブログ第2弾!「あじわい編」をお送りします。

 

今回ご紹介するのはコチラ、「京の食文化ミュージアム・あじわい館」です。

 

 

ひばりからは徒歩5分の「あじわい館」。最寄りの丹波口駅からは徒歩2分のところにあります。

 

「あじわい」というからにはなんかおいしいものにありつけるんじゃないかと思った方、あまーい!

あますぎる!おいしいものをあじわうにはまず、お勉強が必要なのですよ。

正確にいうと、勉強のためのあじわいがある場所。それが「あじわい館」です。

 

あじわい館は「京都の伝統的な食文化のよさを実感し、家庭での健康な食生活や家族のふれあいを見直すこと、また和食の普及啓発」を目的として設立された食育のための施設です。

 

利用料はなんと無料!ふとっぱらですね。

気になる中の様子はというと、、、

 

<もちつきイベントをやってました。あじわい館では毎回多数のイベントをやってます。>

 

<お魚コーナー。どんな魚がどこからやってきて、どんなところ(深さまで)で生まれているのかがわかります。絵だけじゃなく、学べるグッズもたくさんあります。>

 

<京野菜コーナー。リアルな野菜グッズの数々。>

 

<だしコーナー。おだしの試飲ができます。ふだん料理しない人ほど、だしの味のちがいって知りませんよね。>

 

<茶葉コーナー。茶葉の香りのちがいを楽しめます。かぶせ茶ってなんだ??>

 

<和菓子コーナー。季節ごとの和菓子、きれいですね~。食べたくなってきた。。>

 

他にも「京都の五大料理」が展示されてたり、「食」をテーマにたくさんの本が自由に読めたり、お土産コーナーもあります。店主が間違って写真を消さなければ全部ここでお見せできたのですが、、、

すいません、行ってのお楽しみということで!全部わかったらおもしろくないよね、うん。逆によかった。

 

 

あと、生まれも育ちも京都ではない「よそもん」な私にとって一番ありがたい!と思ったのは、

「京都の月ごと行事食コーナー」。

伝統的な行事が体に染みついてない店主は、季節の行事をときどきうっかり見逃します。

そんな普段ボーっと過ごしてるよそもんさんでもここにくればばっちり!

2月は豆と巻き寿司、は知ってましたが、塩いわしなんてのもあるんですね。

 

ということでもう季節の行事は忘れません!

ちなみに昨日はひばりで「恵方巻き」つくりました。

<酢めしをつくって>

 

<具をのせて巻くだけ!お手軽恵方巻き>

<巻けました~!>

 

<南南東に向かってパクっ。・・・・・(しゃべっちゃダメだから5分ほど沈黙。)>

 

ひとり一合分の酢めしで贅沢に具をつめたボリューミーな恵方巻き、おいしかったー!

ここに巻かれた魚たちはこんな海のこんなところから来たんか~ということがわかると、よりありがたみを感じられ、よし、あじわって食べよう。うーん、うまい!と一層おいしくいただけるようになりました。

 

知ることであじわいが増す、そうしてどんどん食べることが好きになり、豊かに健康に、いい人生を送っていく。

 

「あじわい館」はそんないい循環をつくってくれる場所だなー、と感じました。

 

それともうひとつ、ぜひお伝えしたいのがあじわい館の「料理教室」です!

 

あじわい館ではほぼ毎週のように「料理教室」や「体験イベント」が行われてます。

ざっとあげるだけでも、

 

次世代の京料理人に習う~京料理入門編~

覚えておきたい定番おばんざい料理教室

<京都市中央市場産地連携>静岡県産新タマネギを使った家庭で出来るイタリアン料理教室

すし教室

魚さばき方教室<入門編>

おうちで作る京料理教室

簡単!ビストロ料理教室~家庭で気軽にフレンチを~

【試飲付き講演会】比べて感じる地酒の味わい

 

などなど、ほんとーに盛りだくさん。

ほとんどの教室はキャンセル待ちになってしまうほどの人気です。

 

京都旅行にきて、京料理を学ぶ。京都らしいフレンチに挑戦する。なんていう旅は、素敵やなぁと思います。

帰って家族や友人にふるまうまでが、旅ですね。

 

ひばりにお越しの際はぜひこちらの「あじわい館」を、お見逃しなく!

 

<「京の食文化ミュージアム・あじわい館」ホームページはコチラ>

https://www.kyo-ajiwaikan.com/

 

 

食育の冬(市場編)

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

雪こそあんまり降らねど、やっぱり寒いよ、京都の冬。

 

しかしそんな寒いときほど、食べものへのありがたみを強く思います。

 

しっかり噛んで、味わって、喉を通って胃に入っていく度、自分のなかに新しいエネルギーが、熱が生まれていくのを感じます。

 

お腹いっぱいになっているときは「無敵!」と思いこみ一時、寒さもへっちゃらになります。寒いときほど、食べるって大事ですね。

 

そんな先日、月に一度の市場の「食彩市」で「魚のさばき方体験」なるものが行われると聞き

 

ひばりのニュー宿直スタッフゆりかちゃんと一緒に行ってきました!

<市場内のお店を解放し、プロの魚屋さんがやさしく教えてくれます。1回500円。お財布にもやさしい>

 

<今回さばくのはこちら、ツバス!つばさじゃないよ、つばすだよ。>

 

<エプロンも貸してくれます。>

 

<入刀!骨を感じながら包丁入れてね~。とお魚屋さん。マンツーマンで教えてくれます。>

 

<こいつがでかくなったらハマチとかブリになるんやで~、という豆知識も。>

 

<あっという間に三枚におろされていくツバスちゃん。>

 

 

<バン!三枚おろし~!あたまももらってきました。>

 

いや~、楽しかった!

骨と皮以外、全部もって帰ってきました。一匹丸々捌いたらこんな量になるのか、とびっくりです。

刺身にして、こっちは焼いて、あたまは鍋にぶちこんで、あぁよだれがでてくる。。

 

でもやっぱり、見るとやるとじゃ大違いです。

肉じゃないし、魚やし~と思っていたら予想以上に固くて、なかなか切れません。

お魚屋さんの補助やコツを教えてもらわなかったら、もっとぐちゃぐちゃな切り方になってたことでしょう。

 

慣れてきてささーっと捌けるようになったら、もっと楽しいだろうなぁ。

 

しかしブリの子どものハマチの子どものツバスちゃんを捌いてわかったのは、マグロの解体ってどんだけ大変?ってこと。

市場のお魚屋さん、やっぱすごいなぁ。

 

 

 

さらに言えば、このマグロを海からあげて、ここまでもってくるのどんだけ大変か。

漁師さんも運送屋さんも、みんなすごい。

 

デパート、スーパー、コンビニとお金を払えば大抵のものが手に入る世の中。

今ではお金を払うのもめんどくさくなってきたのか、お金まで電子化されるようになってきました。

 

スマートといえば聞こえはいいけど、めんどくさがりも過ぎると、その間にある大切なものがどんどん見えなくなって、わかんなくなってっちゃうなぁと感じます。

 

自販機にお金を入れて腹を満たすような生活は、あまりにも色彩りがなさすぎます。

 

ときどき足をとめて、これどこから来たんだ?だれが採ってきてくれたんだ?と考えながら食べるのは、町中に住む僕たちにとって大事なことだよな、とあらためて思いました。

 

市場のお魚屋さん、ありがとうございました!

また食べるのに集中してしまい写真を撮り忘れましたが、ツバスうまかったー!ごちそうさまでした!

 

さむい冬こそ、おいしいごはんを食べて、元気だして、そして元気のもとのごはんのことを、もっと知っていきましょう。

COGYでHyggeに行こう

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

せっかくCOGY(コギー)をお借りしたので、私も使わせてもらおうと空き時間に近所のカフェへいきました。

 

ひばりの近くには「島原」という、かつて花街として栄えた京都らしい風景の残るエリアがあります。

島原は「小さな祇園」のような風情がありながらも、ほどよく静かで落ち着く、心地いい場所です。

 

<島原の入口、島原大門。立派です。扉も渋くて立派。>

 

島原エリアの道路は砂利を混ぜた風情ある舗装がされておりますが、普通の道より平担で段差も少なく、走りやすかったです。

 

ひばりを出て約10分、到着。京町家のカフェ・Hygge(ヒュッゲ)さんです。

 

Hygge(ヒュッゲ)さんは築150年の元お茶屋をリノベーションされたカフェです。

さっそく入ってみましょう。

 

と、いきなり段差につまずいてしまいました。

乗ってみてわかりましたが、COGY(コギー)は段差や坂道に弱いです。

ちょっとした段差で行けそう、と思っても簡単には乗り越えられません。

そういうときは、後ろからちょっと押してもらう必要があります。

 

3秒ほどもごもごしていると、店主さんがでてきてくれました。やさしい~

入口はちょっとギリギリでしたが、入れました。

 

 

中は広々。むかしのままのよさを上手に活かした、かっこいい内装です。

京都の町家は通路が狭いところが多いのですが、ここは通路もゆったり。

<カウンター>

<奥の座敷>

<テイクアウト可能なケーキも>

 

店名のHygge(ヒュッゲ)は聞きなれない名前ですが、それもそのはず、他の言語には直訳できないデンマーク固有の言葉だそうです。

意味は、「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」。

デンマークの人たちは、「一人ひとりがそれぞれ自分の考えをもち、自分のライフスタイルを大切にする。それでこそ、他人を思いやる”ヒュッゲ”な気持ちが生まれる。」と考えているとのことです。

 

福祉国家として名高い北欧はそのシステムだけでなく、この言葉のような考えが人々の間に浸透していることも、成功の秘密なのかもしれませんね。

 

そんな素敵な店名のHygge(ヒュッゲ)さんで、コーヒーブレイク。

 

 

椅子をはずしてもらうだけで、すっぽり入りました。

COGYはペダルがある分ちょっとだけ机と距離ができてしまいますが、それでも十分。

ふつうの車いすならもっと奥まで入ると思います。

 

「近所の車いすのおばあさんも、娘さんとよく来ますよ。」という店主さん。

大手のカフェは利用しやすいところも増えてきてはいるものの、個人経営のカフェでしかも京町家を活かしたところ、というのはなかなかありません。

ひばりの近くにこんな素敵なカフェがあって、うれしい限りです。

(※お手洗いは昔の町家のままとなっており、車いすで利用することができません。ご注意ください。)

 

今日はコーヒーだけでしたが、以前お休みの日にカレーとビールをいただきました。これがまたおいしい!

昼の贅沢です。

 

むかしはお茶屋だったこちらの町家は、お客さんがはちあわせしないよう、階段が3つもあったそうです。

そのひとつだった階段のあとはそのまま残っており、時の流れによって高められたいいデザインとなっています。

職人の匠な技術で根継ぎされた柱もかっこいい。

 

 

 

帰り際に気付いた、タイル貼りのかわいい階段。

店主さんに聞くところによると、花街の町家の名残だそうで、このあたりの町家にはタイルの階段がよくあるそうです。

しかし、どのような使い道でこうつくられたのかはご存じないそう。

気になる方は、ぜひ調べてみてください。

 

Hygge(ヒュッゲ)さんはランチだけでなく、モーニングもやられてます。

ひばりにお越しの際は、ぜひ行ってみてくださいね!

 

<Hygge(ヒュッゲ)>

モーニング:7:30~10:30

ランチ:11:30-18:00

夜(要予約):18:00-22:00

住所:京都市下京区西新屋敷中堂寺町74

HP:http://www.hyggehygge.com/Hygge/hygge.html

 

生麩と鴨とお茶マルシェ

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

前回市場で行われた食彩市のレポートを書きましたが、あらためてみるとお魚のことばっかり。

マグロ解体や狩人たちのインパクトが強すぎただけで、他にもたくさんあるんですよ!

ということをご報告したく、食彩市レポート第2弾!をお届けします。

 

 

まずは京都の生麩の老舗、「半兵衛麩」さん。

創業はなんと元禄二年(1689年)!老舗中の老舗の超絶おいしい麩屋さんです。

 

京都市内中に店舗があり、五条大橋のたもとに本店があるのですが、この中央市場店はなぜかホームページに載っていません。

会社概要の所在地欄に住所は書かれているので直営店に間違いはないはずなのですが、なぜか直営店リストには載っていないのです。

 

なのでこんなところに半兵衛麩さんが!とはじめてみたときはちょっと驚きました。

そんな隠れ半兵衛麩さん、食彩市では大盤振る舞いのサービスをされております。

 

 

なんと麩の袋詰め放題、500円ぽっきり!

高品質な京麩をワンコインで取り放題とあれば、狩人たちが黙っていません。

当然、パンパンに詰めてます。

あっという間に列ができてしまいました。

 

列といえば、こちらのお肉屋さんも。

 

「品川亭」というお肉屋さん。店主ははじめて知るお肉屋さんですが、こちらにも人がひっきりなしに並んでおりました。

 

看板?の「ハムノーセージ」に下町ならではの哀愁を感じます。

「特撰」はちゃんとしてんのに。。そっちの方が難しくない?

おそらく「ソーセージ」に直す必要がないほど売れているんでしょう。

 

さっきまで魚ばっかり食いたいと思っていたのに、お肉をみていたらもう気持ちがお肉に傾いてきてしまいました。食欲って浮気もの。

 

こちらのお店ではありませんが、別のお店で「あい鴨スモーク」が250円!で販売されており、衝動買い。

 

 

お店のおばちゃんに「サラダに入れてもおいしいし、からし醤油でそのまま食べてもおいしいよ~」と教えていただきました。 

早速帰って実食。はい、どちらもめちゃくちゃおいしい!

うますぎて写真撮るの忘れてしまった。。

 

食彩市の日は市場内だけではなく、市場周辺でも特別なイベントをしています。 

 

ひばりから徒歩5分の場所にある、「京の食文化を発信」をコンセプトに開設された「あじわい館」

ここでは、市場から卸される青果やお魚の紹介や試食、また料理教室など様々な方法で、市民や旅行者向けに京都の食文化を知ってもらうためのイベントを行っています。

 

食彩市のこの日は、宇治茶を楽しむ「お茶マルシェ」を開催!

店主は市場を楽しみすぎて時間切れ。店番タイムに突入してしまい残念ながらいけませんでしたが、宿直スタッフのSちゃんがおもしろそう!と行ってきてくれました。

 

利き茶ゲームや宇治茶ソムリエ講座、茶団子づくり体験など色々ありますが、そのほとんどが無料!

あっても参加費はたったの100円など、お財布に優しすぎるイベントばかり。

ひとりでも多くの人に京都の食文化を知ってほしい、という思いのなせる価格ですね。

 

Sちゃんは抹茶アート体験してきました!と言ってなんと!

ひばりを描いてきてくれました~!

 

 

さすが女子!かわいいですね~ 。これはうれしい。

そしてお土産に抹茶ティラミスと焼き菓子3点セットまで買ってきてくれました。

 

 

魚と肉を堪能し、そろそろデザートが食いたいと飢えていた店主はすぐさまコーヒーを淹れ、

抹茶&栗パウンドをいただきました。

そしてまたも写真を撮り忘れる失態。

パウンドだけ写真にはおさまらず、私のお腹におさまっております。

 

あじわい館では他にも毎日いろんなイベントが行われているので、食彩市の日じゃなくても楽しめます。

ひばりへお越しの際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

「京の食文化ミュージアム あじわい館ホームページ」はコチラ↓

https://www.kyo-ajiwaikan.com/

 

以上、食彩市レポート第2弾!でした。

2 / 3123