福知山雅治の旅

 

盆地で寒いけどあんまり雪は積もらない、京都市内。

 

「ごっつい雪がみたい!」

 

という安直で原始的な欲求から、京都の北部。福知山へ行ってきました。

 

福知山は人口約7800万人。そのほとんどが「福山雅治」を知ってることから、「福知山」と名付けられました。

縄文時代の始め頃から人が住んでいた形跡がある、歴史の深い町。

地層からは福山雅治のオフィシャルグッズも多数出土しているそうです。

 

これはひばり一(いち)、福山雅治に似てる私が行かない理由がない!

ひばりの最寄駅である「JR丹波口駅」からもJR嵯峨野線でたったの1時間!

ということで電車に乗って、レッツラゴー!

 

 

ガタンゴトン、揺られること約15分でもう!この景色。保津峡です。

 

 

さらに15分。京都市内からたったの30分!い~い眺めです。

 

雪国!

 

 

とはしゃいでるうちに車窓にみえるは福知山城。着いちゃいました!はやい!

 

 

城へ行く前に、まずは腹ごしらえ。

福知山はなにがうまいんだろう~と思っていたところ、駅前で「B級グルメ ゴム焼きそば」なるものを発見!

他のお店がつくってヒットしたのをビジネスチャンスや!と思った店主が駅前で立地のいい物件をゲットして開いたであろうお店に入りました。よっ、偏見のカタマリ!

 

 

ゴムオム焼きそば!偏見の目でみても、おいしそう。

 

ゴム焼きそばを食しご満悦の雅治。

 

お腹も満たしたし、いざ城へ!そしてさすが北部。雪がすごいです。

 

 

せっかく福知山に来たし雪もきれいだし、ここで一曲、冬の雅治の曲でも口ずさもうと調べたところ

ヤフー知恵袋のベストアンサー(2011年1月)

私が思うましゃの冬うたは、
Heart of Xmas
Sandy
Kissn’in the holy night
Sweet Darling
そのままで…
BLOOD

あと、「家路」は秋っぽいと思います。

 

という回答がでてましたが、一曲も知りませんでした。

Heart of Xmasなんて曲あったか?ひばりのましゃはBurnin’ X’msa しか知らなかったので、とりあえずそれを歌いました。

キャンドルも!十字架も!あ~いにチ・カ・ラを与えてよ☆

歌うと体がポカポカあたたまりますね。

 

なんて言うてる間にドンっ!着きました!福知山城~!

雅治が全身で喜びを表現しています。見えますか?

 

深く積る雪の中を皮靴で走る雅治。さすがの雅治も冷たすぎてオカマ走りになってます。

 

童心にかえってはしゃぐ雅治。

 

 

城内でもはしゃぐ雅治。

 

 

 

福知山城は福山雅治デビュー10周年を祝い建てられた城。その工法はなんとピラミッドの建築時と同じやり方だったそうで、狂気ともいえるましゃファン達により全部手作りで築城されました。維持費もすべてファンクラブ資金によってまかなわれています。

 

城の最上階から。福知山市民がそれぞれの家で、ひとつ屋根の下で暮らしている景色を眺められます。

あんちゃん!小雪の気持ちも考えてやれよ!

 

<次回予告>

おいしい和菓子屋、せまるストーカー、奇跡の日曜日!

雅治、福知山の城下を歩く。

 

乞うご期待!

 

※このブログはフィクションです。実在の人物や団体などとは一切がっさい関係ありません。

COGYでHyggeに行こう

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

せっかくCOGY(コギー)をお借りしたので、私も使わせてもらおうと空き時間に近所のカフェへいきました。

 

ひばりの近くには「島原」という、かつて花街として栄えた京都らしい風景の残るエリアがあります。

島原は「小さな祇園」のような風情がありながらも、ほどよく静かで落ち着く、心地いい場所です。

 

<島原の入口、島原大門。立派です。扉も渋くて立派。>

 

島原エリアの道路は砂利を混ぜた風情ある舗装がされておりますが、普通の道より平担で段差も少なく、走りやすかったです。

 

ひばりを出て約10分、到着。京町家のカフェ・Hygge(ヒュッゲ)さんです。

 

Hygge(ヒュッゲ)さんは築150年の元お茶屋をリノベーションされたカフェです。

さっそく入ってみましょう。

 

と、いきなり段差につまずいてしまいました。

乗ってみてわかりましたが、COGY(コギー)は段差や坂道に弱いです。

ちょっとした段差で行けそう、と思っても簡単には乗り越えられません。

そういうときは、後ろからちょっと押してもらう必要があります。

 

3秒ほどもごもごしていると、店主さんがでてきてくれました。やさしい~

入口はちょっとギリギリでしたが、入れました。

 

 

中は広々。むかしのままのよさを上手に活かした、かっこいい内装です。

京都の町家は通路が狭いところが多いのですが、ここは通路もゆったり。

<カウンター>

<奥の座敷>

<テイクアウト可能なケーキも>

 

店名のHygge(ヒュッゲ)は聞きなれない名前ですが、それもそのはず、他の言語には直訳できないデンマーク固有の言葉だそうです。

意味は、「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」。

デンマークの人たちは、「一人ひとりがそれぞれ自分の考えをもち、自分のライフスタイルを大切にする。それでこそ、他人を思いやる”ヒュッゲ”な気持ちが生まれる。」と考えているとのことです。

 

福祉国家として名高い北欧はそのシステムだけでなく、この言葉のような考えが人々の間に浸透していることも、成功の秘密なのかもしれませんね。

 

そんな素敵な店名のHygge(ヒュッゲ)さんで、コーヒーブレイク。

 

 

椅子をはずしてもらうだけで、すっぽり入りました。

COGYはペダルがある分ちょっとだけ机と距離ができてしまいますが、それでも十分。

ふつうの車いすならもっと奥まで入ると思います。

 

「近所の車いすのおばあさんも、娘さんとよく来ますよ。」という店主さん。

大手のカフェは利用しやすいところも増えてきてはいるものの、個人経営のカフェでしかも京町家を活かしたところ、というのはなかなかありません。

ひばりの近くにこんな素敵なカフェがあって、うれしい限りです。

(※お手洗いは昔の町家のままとなっており、車いすで利用することができません。ご注意ください。)

 

今日はコーヒーだけでしたが、以前お休みの日にカレーとビールをいただきました。これがまたおいしい!

昼の贅沢です。

 

むかしはお茶屋だったこちらの町家は、お客さんがはちあわせしないよう、階段が3つもあったそうです。

そのひとつだった階段のあとはそのまま残っており、時の流れによって高められたいいデザインとなっています。

職人の匠な技術で根継ぎされた柱もかっこいい。

 

 

 

帰り際に気付いた、タイル貼りのかわいい階段。

店主さんに聞くところによると、花街の町家の名残だそうで、このあたりの町家にはタイルの階段がよくあるそうです。

しかし、どのような使い道でこうつくられたのかはご存じないそう。

気になる方は、ぜひ調べてみてください。

 

Hygge(ヒュッゲ)さんはランチだけでなく、モーニングもやられてます。

ひばりにお越しの際は、ぜひ行ってみてくださいね!

 

<Hygge(ヒュッゲ)>

モーニング:7:30~10:30

ランチ:11:30-18:00

夜(要予約):18:00-22:00

住所:京都市下京区西新屋敷中堂寺町74

HP:http://www.hyggehygge.com/Hygge/hygge.html

 

食の彩りマーケット

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

今日は京都中央市場にて、月に一度の「食彩市」が行われました。

 

毎月第2土曜日は卸売市場が一般開放され、この日はだれでも自由に市場でお買い物ができます。

 

今日はあいにくの天気で小雨がパラついてましたが、それでもたくさんの人で大賑わいでした。

 

色とりどりの魚、魚、魚。瑞々しくてどれも本当においしそう!

   

 

 

 

お子様連れの人も多く、カニを指しながら「カサナー!これカサナー!」と叫ぶ男の子。

いろいろ間違えてますが、市場のおっちゃんはニコニコ。

普段は卸売専門なので、一般のお客さんと直接やりとりできるこの時間が毎月とても楽しいそうです。

 

 

お値段も市場価格ですごーくお買い得!ついつい買い過ぎてしまいます。

 

買い物だけでなく、「魚のさばき方体験」や「明太子が当たるスタンプラリー!」などイベントも盛りだくさん。

 

私は午前10時と11時に2回行われる、「マグロの解体&即売」イベントへ行ってきました。

 

 

ドでかいマグロをこれまたドでかい包丁で解体していく様は、迫力満点!

鮮やかに捌いていく職人技に、しばし見とれてしまいました。

 

 

 

ぜいたくなドでかい切り身は、1パック1000円ぽっきり!

 

マグロのバーゲンと化した会場でおばさまたちの目は完全に狩人になり、さばかれては売れさばかれては売れ、あっという間にマグロがなくなっていきます。

 

 

はよ捌いてパックに詰めんかいという無言の圧力の中、ちょっと顔がひきつってしまう市場の男たち。 

狩人たちの狩りっぷりは鬼気迫るものがあり、ある意味マグロ解体以上の迫力を感じました。

 

そんなおばさま狩人の群れの中、私もなんとか1パックの赤身を手に入れました。じゃん!

 

 

 

この写真じゃわかりにくいのですが、パック自体がドでかいサイズです。

そして今日のお昼は、どん!マグロ丼~

さばきたてのマグロはやわらかく、舌の上でとろけるように味が染みこんできました。

うーん、うまい!

 

 

他にもたくさん買い食いしてしまい、とても一度では書ききれないボリュームになってしまいました。

今回はお魚ばっかりご紹介しておりますが、他にもお肉やお漬け物など、色んな種類の食材をお買い求めいただけます。

 

これからも一食一食、市場の魅力を発信していきますので、どうぞお楽しみに!

 

 

<食彩市>

場所:京都市中央卸売市場第一市場内

時間:午前10時~正午(雨天決行)

次回は11/11(土)、12/9(土)開催予定。

 

京都の下町

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

今日はひばりのある「七条・丹波口」というエリアについて、ご紹介致します。

 

ここは京都駅から一駅とアクセスのいい立地ながら、祇園などの有名観光地からは少し距離があるため、これまであまり知られていませんでした。

 

しかし、「京都水族館」や「京都鉄道博物館」ができた梅小路公園や、祇園のような京都らしい風情の残る島原エリア、そして人気観光地の嵐山へも電車で一本など見どころが増えてきたことから、近年急速に発展してきています。

<京都水族館>

 

 

<島原エリア>

 

さらに2019年春には京都駅―丹波口駅間に新しい駅ができる予定で、現在工事の真っ最中。

より一層アクセスがよくなるので、はやくできないかな~、と完成を楽しみにしております。

 

しかし、私がこの町の魅力だと思う点は、その発展性だけではありません。

 

これから次々とできる新しいお店や施設ももちろん楽しみなのですが、この町にはすでに大きな魅力があります。

 

それは、京都の食を支えるといわれる「京都中央卸売市場」のもつ、“圧倒的なローカル感!”です。

 

 

 

 

明け方から開いているコーヒー屋、食堂、食材・日用品の店。

前掛け姿で食材を運ぶ男たち。

お店を切り盛りする女性たち。

道を歩けば、どこからかただよってくる炭火焼き鰻の香ばしい匂い。

 

ステレオタイプな京都らしい景色をいい意味で裏切ってくれる、

まさに「下町」といった風情を感じる場所です。 

 

京都中のお店にとどまらず、市外・府外からも買い付けにこられる料理人さん、小売業者さんがたくさんいるので、朝からとても活気があります。

 

卸売専門の市場なので市場内で個人的にちょこっとだけ買う、ということは残念ながらできませんが、たくさんの小売店さんが市場に隣接してありますので、市場の食材を購入しひばりで食べる、といった楽しみ方もできます。

 <材料から、調理されたものまで>

 

京都にはたくさんの名店があり、食事を楽しみにされている方も多いと思います。

その食を支えている京都の市場って、どんなところなのか?

市場を知ることで「京都の食」をより深く楽しめると思いますし、

そんな旅の楽しみ方は、このエリアでしかできません。

 

「新しい発展性」と「古きよき下町感」

 

この2つが入り混じった「七条 ― 丹波口」エリアは、隠れた魅力があふれています。

 

一見しただけでは見逃してしまいそうな魅力を、ひとつひとつ見つけ出していくのが私の目下の楽しみでもあります。

 

京都駅から一駅のローカルな下町を、ぜひお楽しみください。