天龍寺の節分祭

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

本日は節分!ということで嵐山にある「天龍寺」の節分祭に行ってきました。

嵐山へはひばりの最寄駅「JR丹波口駅」から約12分とすぐなので、とても便利です。

 

天龍寺は「JR嵯峨嵐山駅」から「BAMBOO」の方へ歩いて約10分。

 

 

 

 

 

天龍寺の節分祭では、福笹に七福神のお札をつけてもらってまわるのが習わしになっています。

私もはじめて笹をもらい、七つの御札をいただきにまわりました。スタンプラリーみたいで楽しいです。

4歳くらいのお子さんは2つめの毘沙門天あたりでもう飽きたのか「帰るー!」と泣きじゃくっていました。大人になってからもう一度楽しんでくれ、4歳児よ。

 

 

「童心に帰り笹をもってはしゃぐ店主の図」。天龍寺といえば「雲龍図」。こちらもお見逃しなく。

 

 

メインの豆まきはこちら!この日のためだけに、毎年特別に舞台をつくっておられます。

舞台の上には天龍寺の和尚様をはじめ嵐山の重役の方々、そしてゆる?こわ?キャラの月橋 渡(つきはし わたる)くん。写真ではみえませんが背中に橋を背負ってます。

この月橋渡氏と舞台上のスピーカーから流れるKinKi Kidsとビートルズがなんだか場違いに浮いていて、異様な存在感を放っていました。

 

そしてこちらの舞台の設営はなんと、ひばりをつくってくださった親方が設営されているというご縁が!

会場でご挨拶もできました。豆まきで毎年倒れる人いるんよ、と聞かされドキドキ。

 

 

鬼はそとー!福はうちー!投げられる福豆、むらがる群衆、おさないで、子供がいます!うわーん!うわーん!泣き叫ぶ児童。鬼とはいったい誰なのか。禅問答のような問いかけは帰りの電車の中で考えよう、とにかくいまは福豆ゲットや!右手で写真を撮り、左手で福豆をキャッチという荒業に挑みました。

 

 

左手一本で2つの福豆を取りました。自分の才能が恐ろしい。

無事福豆を手に入れたあとは屋台でお食事タイム!

たくさんのトッピングがついてなんと300円!の福そばをすすり

 

 

ふるまい甘酒であったまり

 

 

丹山酒造のふるまい酒でキュッと一杯。

 

 

身も心も満たされる、楽しい節分祭でした。

 

毎年大盛り上がりの天龍寺の節分祭、2月の京都にお越しの際はぜひお見逃しなく!

 

 

ひばりの新たな最寄駅、名前決定!

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

先日、首をながーくして待っている新しい最寄駅の駅名が決定しました!

 

その名も、、、「JR梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」!

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・長い!苦笑

 

どうみても長いよJRさん!

 

ふつうに「梅小路駅」でいいじゃないですか~

市民の駅名投票では「梅小路駅」がダントツの1位だったじゃないですか~

なぜわざわざ「京都西」つけたんですか~。ないです、ないない。

 

六文字もある駅名なんて京都じゃ「八瀬比叡山口」か「京都精華大前」くらいしかないんじゃないですか。(どちらもローカルな叡山電鉄)

 

お客さんにご紹介する身としては、名前はシンプルであってほしかった。。

わかりやすさって大事!シンプルイズベスト!

ハングリー(主にお腹)で愚かな店主はスマートな名前じゃないとテンションが上がりません。

もう勝手に「梅小路駅」って呼ぶぞ!おー!

 

と、ひとしきり文句を言いつつも、京都で最も新しい駅ということで使いやすさはバツグン!のはず。

バリアフリーもばっちり取り入れてくれるみたいです。

 

ひばりへは現在の最寄駅「JR丹波口駅」よりさらに近くなり、また道のわかりやすさもバツグンによくなります。

曲がる角はなんとひとつだけ!とっても近く、そしてわかりやすくなります。

アクセスはよりシンプルに、スマートに!こちらはジョブズもきっと満足してくれるはず。

 

開通は来年2019年の春予定!

 

桜とともに、どうぞお楽しみに~!

 

JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定>の詳細はコチラ↓

https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12734.html

新緑の保津峡ハイキング

みなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

京都は暑くもなく寒くもなく、心地いい風の吹く絶好の新緑観光シーズンをむかえています。

この時期は特にサイクリングででかけられるお客さんが多く、みなさん疲れたー!でもいい汗かいたー!と帰ってこられ、冷蔵庫から冷やしたビールをプシュッ!プハァー!ベコボコ(缶をつぶし)!ポイッ!店主はそれをガラガラとまとめ片付ける日々を送っております。書いてたらまたよだれ出てきた。。

いいなー!みなさんいいなー!店主もいい汗かいてプシュッ!ってしたい!という羨望を抑えきれず、先日新緑美しいとうわさされる、保津峡ハイキングへ行ってきました。

JR保津峡駅は嵐山からたったの一駅、ひばりの最寄駅「丹波口駅」からは七駅、約16分と気軽に自然を感じに行ける場所です。駅を降りたらもう!この景色。

 

 

駅前ではおじーさまおばーさまたちがプチ宴会を開いておられました。いいですね~。

そして駅からほんのちょっと離れただけで、この景色。山間のホーム。16分で来れるとは思えません!

 

日差しは強いですが木漏れ日がきれいだし、気温も湿度も高すぎず、いい汗かくには本当にちょうどいい気候です。

新緑が美しく、すぐ脇を流れる川の音も耳に心地よく、最高のお散歩日和。

 

途中、川岸に降りてのんびり珈琲&サンドウィッチタイム。

すぐ横を川下りされている方々が通り過ぎ、手を振ってくれました。あちらも気持ちよさーです。

 

 

さらにテクテク進むと、なにやら千と千尋の神隠しに出てきそうなトンネルを発見!
トンネル内はひんやりとしていて涼しく、いいクールダウンになります。

 

さらに山道をのぼっていき、峠を越えるとナイスなビュー!が待ってしました。

 

 

保津峡が見渡せ、藤の花もきれいに咲いていました。途中にあった別ルートでは展望台へ行ける道もあり、そこからはもっときれいに見えるかもしれません!ここでも十分きれいなんですけども。

 

 

 

峠を越え、木々生い茂るほの暗い道を通り抜けると、奥嵯峨にたどり着きます。ここまでくれば、もうあとは竹林の小道を通って嵯峨嵐山駅はすぐそこ。

 

 

 

奥嵯峨は嵐山から文字通りちょっと「奥」へいくだけなのですが、ここに来るだけで人はずっと少なくなり、のびのびとした閑静で風情のある町並を楽しめます。

 

帰り道にはお楽しみのクーリーアーアサヒ!こんな気持ちのいいハイキングのあとにはキリッ!としたアサヒでしょう!プシュッ!プハァー!アー、ア”-ッ!生きててよかった~

普段の10倍はおいしくいただけました。やっぱり外で飲むビールは最高ですね。

 

お寺や神社ももちろんいいですが、どこか1日だけは京都の自然を歩く!という旅も素敵だと思います。紅葉がきれいな場所ですが、新緑のいまもとってもきれいです!

 

ひばりにお泊りの際は、ぜひ保津峡も旅のプランにご検討くださいませ。

 

以上、保津峡レポートでした!

チェリーブロッサム アクシデント

今日から4月!桜の季節到来!というのが通年ですが、今年はちょっと早めの開花。

すでに京都の各地で、桜が見ごろを迎えております。

 

ひばりの近くでは、ぜひ東寺がおすすめ!なんてったって自転車で5分~10分、歩いても20分ほどで行けてしまいます。

ということで、お昼の買い出し行くのにちょっと足をのばし、ちらっと覗いてきました。

 

 

 

 

鴨はバシャバシャ水遊び、鳩も人目をはばからずチュッチュするほどいい天気のなか、桜はというと…

 

 

満開!いやー、やっぱり桜はきれいですね。

 

 

 

いやー、きれいです。桜はほんとうにきれい。これは近くで写真撮りたくなっちゃいますね。

あんまり近いと桜を撮るつもりが人も一緒に写っちゃうこともあります。

ディス イズ チェリーブロッサム アクシデント~。

 

 

この時期はどうしても桜に目がいってしまいますが、東寺は門も建物もとっても立派。

 

 

 

ものすごく大きいですが、比較対象がないといまいちわかりませんね。

瓦の上を歩く鳩で比較!鳩みえますか?みえない?それじゃ比較にならない~

まぁ、鳩に豆鉄砲、じゃなくて鳩が豆になっちゃう大きさということで。

 

 

桜のエリアからちょっと離れた裏手の方は人もすくなく、静かでのどかで、昼下がりの休憩に最適。

あ~、のんびり昼寝したい。。。

 

 

そして夜6:30からは、なんと!夜桜ライトアップもしております!

絶対きれいなやつです。行きたい~でも行けない~。だれが写真だけでも見せておくれ。。

時間は夜9:30まで(受付は9時まで!)、4月15日まで行われております。

 

朝もよし、昼もよし、夜もなおよし!と東寺はいつ訪れても楽しめます。

 

ぜひ、春の東寺をお楽しみください!

 

福知山雅治の旅(城下町編)

 

こんにちは、福知山雅治です。

 

出オチのようなネタを2度にわたってお送りするのは雪国でなくとも「寒い」ですが、次回予告までして続く!と言ってしまった手前、後にも引き下がれない。

私みたいな寒い人間って他にいるのかなぁとググってみたら、FacebookでもTwitterでも食べログアカウントでも「福知山雅治」と登録してる人がけっこういっぱいでてきました。

「どうも、福知山雅治です。仕事では偽名を使うわけにはいかないので福山雅治と名乗っています。」というよく意味のわからない人もいました。

 

私より寒そうな人がいて一安心!ということで福知山ブログ第2弾!

福知山雅治、城下町を歩く」をお届けします。

 

 

雅治の城、福知山城を満喫したあと、雪の城下町をぶらり歩きました。

国道を雪かきするおじいちゃん。頭もまっしろ。きれいですね。

 

 

とぶらぶら歩いていたら、おしゃれなタイルを発見!

 

 

かわいいタイルに誘われて歩くと、きれいな和風のお庭が。雪も積もってきれいだな~。と眺めていると、どこからかジョジョ立ちみたいに立ってるかわいい女の子登場。雅治のファンかな?

 

 

お庭を抜けたら、立派なお菓子屋さんでした!タイルがあるのは裏門だったんですね。

「足立音衛門」という有名なお菓子屋さんでした。

 

 

 

中もすごい素敵です。

どれもとてもおいしそう!

 

 

 

製造工程もみれます!でも木彫りのふくろうが「じろじろ見んなよ」って言ってる気がする。。

 

 

 

のれんもいい感じやな~、鳥おるやん~って写真撮ってたら、なんか怖いもん写ってました。

これは完全に雅治のファン!いやストーカーだ!

 

 

 

びっくりしたけどこういうファンには慣れている雅治。気を取り直して商店街へ!

そしたらなんとたまたま、商店街で月に一度のイベントが行われておりました。ラッキー!

その名も「福知山ワンダーマーケット」。毎月第4日曜日に行われてるそうです。

 

 

かわいい看板とかわいいストーカーさん。

 

 

 

 

おいしそーなタコ焼き屋さんやソーセージ屋台!いい匂いです。

ビールや地酒もありました。お酒屋さんは今日の雅治のファッションとクリソツ。この人もファンかなぁ。

驚きなのはこちらの屋台ピザ屋さん!なんと車の中に窯があります。

 

 

車の中のピザ窯、かっこいいですね~

ピザもミネストローネも熱々!めちゃくちゃおいしかったです。

これはHELLOに次ぐ名曲、PIZZAが生まれそうな予感。

 

 

みんなで商店街を盛り上げよう!とワイワイしながらも、心落ち着くようなアットホーム感を感じられる、とてもいい雰囲気のイベントでした。

 

いや~、ピザもソーセージもおいしかったな~

 

 

商店街を抜けた先にあるコチラは、「古本と珈琲 モジカ」さん。

「まちのば」という施設の2階にある、置いてあるのはほぼすべて古本!しかし古本に全然見えない!という素敵なブックカフェです。

 

 

 

映画「この世界の片隅に」の原作者 こうの史代さんは福知山にお住いだそうで、関連本もたくさんありました。

映画も素晴らしかったけど、原作も素敵です。

 

 

 

おいしい珈琲をいただきながら本を読む雅治。

愛知県知立市出身、生粋のシティボーイである雅治はついつい植草甚一を手にとってしまいます。

うーん、実におもしろい!

 

 

壁にも小説が!じっくり読むストーカーさん。よし、この隙に裏口から。。

しまった、ここは2階だ!でも階段はふさがってるし。。なに?屋上ガーデン?!よーし行ってみよう!

 

 

 

雪~!めっちゃ積っとるがな~。やっぱりすごい雪の量だなぁ。脱出はあきらめよう。。

 

 

最後の悪あがき、モジカさんおとなりの福知山シネマにあった「ゆきえもん」に隠れたけど、見つかってしまいました。くそう!どうしてもオーラが消せない!

ちなみに福知山シネマは福山雅治作品ばかりリバイバルされる・・・というネタはいりませんね。もうお腹いっぱい!

 

と、このような感じでたったの1日、日帰りとは思えないほど見どころ満載の福知山でした。

ひばりからはJR嵯峨野線に乗ってたったの1時間!ぜひおすすめです!

 

バイバイ福知山城!また来るよ~!

 

 

 

1 / 3123