写真と時間

こんにちは、ひばりの鎌塚です。

 

あたたかくなってきたかと思えば、また少し寒い日が戻ってきたり。

着る服を間違えそうな日が続いていますが

寄せては返す波のように、冬と春が移ろいゆくこの時期が好きです。

 

そして今年はひそかに、春以上に心待ちにしていたものがありました。

それが、こちらの写真です。

 

<シングルルーム>

 

 

<クアドラプルルーム>

 

 

これらは、写真家の堀井ヒロツグさんに撮影していただいた写真です。

モデルさんのヘアメイクはYAK KYOTOさん。

 

<スーペリアルーム>

 

 

 

私は個人的に写真をみているとき、主に2種類の写真があると思って見ています。

 

ひとつは、人やモノや風景を「写している」写真。

証明写真とか、商業写真と言われるもの。

その人がそこにいることの証明になったり、宿だったら設備をもっていることの証明となる、説明的な写真。

 

もうひとつは、光で時間を「写している」写真。

日々太陽は動き、風がふき、雨がふり、花が枯れ、咲く。

停まっているものはなく、すべてのものがゆっくり、ときに激しく揺れ動いている世界で、一瞬の時間を視ることができる、感覚的な写真。

 

<小さな離れ>

 

 

 

私たちが営んでいる「宿」という場所を、「設備を提供している」場所として捉えるならば、「説明的な写真」が適していると思います。

過不足なく伝えることが大事で、きれいに写った明瞭な写真がいいでしょう。

 

私はひばりという場所で、「時間を提供している」と思いながら日々お客さんと接しています。

家を出て、移動し、知らないものをみたり、触れたり、食べたりして、家にいては体験できない新しいものに刺激を受け、宿に泊まり、帰る。そしてまた新しい旅先へ。

宿はその一連の時間の流れの中のひとつであり、そしてまた新しい時間を過ごすための場所。

 

この場所をひとつの「時間」として捉えるなら、時間を写している写真がいい。

そう考え、この度縁あって、写真家の堀井さんに撮っていただくことが叶いました。

 

 

<本屋・旅耕社>

 

 

これらの写真は、だれもが納得する宿屋の写真ではないかもしれません。

 

これらの写真は、だれもがみることができるわけではない時間を写しています。

旅も同じです。

あなたがしてきた旅も、これからするかもしれない旅も、だれもが経験できるわけではありません。

今日は今日しかありません。

 

これらの写真から、私たちが「時間」を大切にしていること。

ここに関わってくださる方の時間が、いい時間であってほしいと願っていること。

 

そんな気持ちが伝わってもらえたら、と思いながら、これらの写真をみています。

 

もうすこしで桜が咲きます。

 

ぜひ一緒に、春の時間を楽しみましょう。

 

ひばりホステル

鎌塚 慶一郎

 

新年のご挨拶と御礼

明けましておめでとうございます!

 

2019年のはじまり、そしてついに、平成が終わってしまいますね。

店主の初笑いは大晦日にTwitterに投稿された、

『妻がいま「平成最後のお風呂行ってくる」って言いながら脱衣所に向かったけど、明日から風呂入らないつもりか?』というつぶやきでした。

平成はあと3か月ありますもんね。

 

しかし平成を生きた記憶しかない私にとって、「平成最後」という言葉を聞くたび、なんだかショックを受けてしまいます。

たかが年号なのに、どうしてこう感慨深くなるのでしょう。

たぶん3か月お風呂に入ってない奥さんに出会うより、平成が終わることのほうが衝撃が大きい気がします。

だって平成は30年の積み重ねですから。30年お風呂に入ってない奥さんくらいじゃないと、釣り合いがとれないでしょう。なんのこっちゃ。

 

さて、平成の酉(とり)年に生まれたひばりは、戌(いぬ)の上をまっしぐらに飛んでいき、亥(いのしし)に出会うところまでやってきました。

これまでやってこれたのも、たくさんの方々の温かいご支援があってのことです。

本当にありがとうございました。

初笑いのくだりより先に御礼を言うべきでしたね。

しばらくぶりのブログになってしまい、書き方を忘れてしまいました。大変申し訳ございません。

 

この5ヶ月間に書いたことといえば「お知らせ」ばかりで、ブログらしいものはほとんど書けていませんでした。

 

この場で言い訳をさせてもらうのもなんなのですが、忙しくて書けないということではなく、

書くことについてしばらく考えてみたいと思うことがあり、意識的に書くのをやめました。

 

きっかけは、スタンフォード大学の留学生にご滞在いただいたこと。

 

ひばりはこれまで、「だれでも、どこでも、いつまでも旅をし、豊かな人生を」をモットーに、お体に不自由のあるお客さんとの出会いや旅のことを何度かブログに書いてきました。

 

書くことで、旅をすることが難しいなと思っている方が、行けるかも!と思っていただけたらという思いで発信をしていましたが、書くたびに一抹の不安を抱えていました。

 

それは、「これって、障害者ビジネス?」という意識です。

 

ひばりは「だれでも旅を楽しめるように」という考えなので、お体が不自由な方専用というわけではありません。

しかし、ユニバーサルデザイン(以下UD)設計の町家宿というのが、ひばりの大きな特徴のひとつです。

 

UDとは「だれにとっても普変的に使いやすいものであること」と定義されていますが、

それを必要とする人、伝えたい人は「だれでもみんな」ではなく、限定されます。

その一部にスポットを当て過ぎると、「障害者ビジネスみたいだ」という意見がでてきてもおかしくはありません。

そしてそれは、誰かを傷つけることにもつながりかねません。でも発信しなければ伝わらない。知ってもらえなければ、役立つこともできない。しかし・・・

という矛盾ループに対する答えをもたないまま、日々宿でお客さんをお迎えし、ブログで発信していました。

 

そして2か月半の間、スタンフォード大学から留学生の方が滞在していただくことになり、最初は彼の生活や京都のお寺を訪れているところなどを発信しようかと考えていました。が、いざやろうと思って、手がとまりました。

 

これは本当にやっていいんだろうか?僕のやりたいことなのか?彼のやってほしいことなのか?

誰かのためになるかもしれない。それは間違いないと思うけど、本当に伝えたいことなのか?発信していいのか?

 

炎上するのが怖いというより、知らないうちに誰かを傷つけるかもしれないということを意識し、急に怖くなったのだと思います。また、そんなつもりはないけれど、カタチとして僕は彼を宣伝に利用することになる。必要とする人のための発信は宣伝じゃない、と思ってはいるものの、書きたいと思えない。まだうまく言語化できませんが、これは書かないほうがいいかもしれないという考えが芽生えて消えず、ひとまず書くのをやめました。

 

ただ確かなことは、ひばりは別にボランティアでやっているわけではないこと。

ビジネスかと言われればビジネスです。僕は「お商売」という日本語の方が好きですが。

障害者ビジネスかと言われれば、断じて違います。お身体に不自由があっても、変わりなく旅を楽しめる環境(システム)をつくりたいとは思っていますが、それを利益優先のビジネスにしたいとは考えていません。

誰だって大なり小なり自由もあれば不自由もあるし、その大小の差はなにかの拍子で急に変わります。

だから必要だし、やってみたい、つくってみたい。お商売にするのは、持続性を高めるため。そう思っています。

 

これが答えならもっと自信をもって発信できるように思いますが、まだまだ先があるように思えてなりません。

まだ一年と少し経ったばかりのひばりで、答えがでてくるようなものではないのかもしれません。

 

留学生の彼は9月の終わりにきて、12月の中頃に帰ってしまいました。

彼がここで過ごした経験や、残してくれたものを活かしきれていないように感じていますが、彼と一緒に過ごした日々はとても楽しかった。彼が京都で過ごすことができ、他の町へ旅することもでき、そして無事帰国できた。それだけで、ひばりをやってよかったなぁと思っています。

このような機会をいただき、彼、そしてスタンフォード大学日本センターの皆様にあらためて感謝申し上げます。

 

ということで、悩んだり迷ったりの2018年でしたが、

2019年も引き続き答えを探しながら、そして日々を楽しみながら、高見を目指して飛ぶ雲雀の心を忘れずがんばりたいと思います。

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します!

 

店主 鎌塚 慶一郎

一周年*小さくも確かな幸せ

 

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

本日8月1日は

イギリスでは化学者ジョゼフ・プリーストリーが酸素を発見し

オランダではアンネ・フランクが最後の日記を書き

スイスではスイスが建国され

京都ではひばりが開業されました。

 

沖縄では「パ(8)イ(1)ン」の語呂合わせで「パインの日」に認定され

グリコ乳業は「カフェオレの日」と制定し

そんなわけで本日の店主はカットされたパイナップルを食べ、
コーヒーにミルクを混ぜたもの(あるいはミルクにコーヒーを混ぜたもの)を飲みながら

 

一周年という小さくも確かな幸せをかみしめています。

 

*小確幸(ショウカッコウ) * A Small, Good Things

 

「生活の中に個人的な『小確幸』を見出すためには、多かれ少なかれ自己規制みたいなものが必要とされる。たとえば我慢して激しく運動した後に飲むきりきり冷えたビールみたいなもので、『うーん、そうだ、これだ』と一人で目を閉じて思わずつぶやいてしまうような感興、それがなんといっても『確幸』の醍醐味である。」

 

という村上春樹氏の造語を、口の中にひろがるパインと一緒に味わっています。

なんだか今日は酸素までおいしく感じられます。

 

自己規制をしているつもりはなくても、宿屋は基本的に365日24時間営業なので、一年という月日が過ぎただけでもなんだか『うーん、まぁ、がんばったか』と心の中でつぶやく瞬間があったり、なかったり。

(厳密には休みをとったり昼寝したりしてるので、そのことを思い出すと「いやぁ、ちょっと、まだまだ」とつぶやきは上書きされます。自動的に。)

 

 

 

今年の「小確幸」な思いでのひとつに

 

「ここはカフェオレみたいね。」

 

とお客さんに言っていただいたことがあります。

 

ひばりはバリアフリーですが、基本的にはすべて共用です。

ふつうのところではちょっとありえないのでしょうが、個室の中にトイレやシャワーはありません。

障害のあるなし関係なく、お客さんには多くの設備をシェアしていただいています。

 

日本では”バリアフリー対応”の場所の多くが

「それを必要とする人たち”だけ”の場所」としてつくられていることが多く、

自然と「必要とする人」と「必要でない人」の生活の動線がわけられがちになっています。

(もちろん、これはわるいことではありません。そういう弊害もあるというはなしです。)

 

ひばりでは限られた設備を共有していただいているので、みんなが同じ空間にいます。

日本人も外国人も、小さい子もお年寄りも、バリアフリーを必要とする人も、そうでない人も。

そのお客さんはそんな景色をみて、

ミルクとコーヒーが混ざった「カフェオレ」みたいだと思われたそうです。

 

 

「牛乳の日」の6月1日と、「コーヒーの日」の10月1日のちょうど真ん中をとって定められた8月1日、「カフェオレの日」。

開業の日と重なったのは、ちょっと象徴的な偶然ですね。

 

と、そんな素敵な言い方をしたところで、バリアフリーが必要な方にとって

プライベートに使えるトイレやシャワーがないというのは、けっこう大変なことだと思います。

 

しかしだからといって「個室オンリー」だと、

結局バリアフリーにしない(つまりはバリアフリーじゃないんでごめんなさいねと言ってすませる)

という世の中になってしまうような気がします。実際、まだまだ少ないわけですし。

 

それに旅先では、ある程度そこの環境に順応する”ちから”がなくてはいけません。

完璧なバリアフリーは存在しません。

 

僕たちは、旅をすることで自然と、”生きていくうえで必要なちから”を身につけてほしい。

ときにイヤな思いをしたり、不便を強いられることがあるかもしれないけれど、その先にある可能性を広げていってほしい。

 

それがあなたにとっての、「小確幸」。小さくも確かな幸せにつながっていくと信じてほしい。


そしてそうやってがんばっている人がいることも、多くの人に知ってほしい。

 

そんな思いでひばりをやっていたら、自然とカフェオレみたいになりました。

 

 

本日、小さい宿ながら多くの方に支えられ、一周年を迎えられました。

 

本当にありがとうございます。

 

京都を旅し、ひばりを訪れてくださる方、関わってくださるみなさんにとって、小さくも確かな幸せを感じられる場所であれるよう、これからもがんばりたいと思います。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

鎌塚 慶一郎

梅雨は梅酒!

こんばんは、店主の鎌塚です。

 

今年は絶対やろう!と思っていた「梅酒づくり」に挑戦しました~

 

 

梅雨は梅酒!

梅の時期に雨降るから「梅雨」って書くんか?と思いがちですが実はちがって、

ホンマは黴(かび)の生えやすい時期の雨で「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたそうです。

しかし!

「黴(かび)って超イメージわるくない?」

ってだれかが言い出して、うんうんわるいわるい、辛気臭いし、臭いもくさいし、やめとこやめとこ。

ねぇねぇみてみて、梅も「ばい」って読むらしいよ。ええやんええやん、語感似てるし、梅ってかわいくない?かわいいかわいい!ええやんええやん!黴(かび)より断然おしゃれ!梅にしとこ!

 

という女子高生的思考から「梅雨」という表記になったそうです。

「いやいや!黴雨(ばいう)は黴雨(ばいう)やけん!!」と伝統を重んじる世代の人たちもいたんだろうなぁと思いますが、今も昔も女子高生は無敵だったんですね。かわいいは正義。

「黴雨」は「梅雨」。「了解しました」は「りょ」または「り」。いつの時代も短くてかわいいショートカット文字が好まれたんですね~

ということで現代では「梅雨」となりました。

 

 

そんな無駄な解説をしている間も手は動かしてましたよ!

まずは梅を1kg用意!

そして水に漬けて「アク抜き」!エグ味をとります。

青くて固い梅は2~4時間ほど漬けるのがいいそうですが、まぁたぶんそんなに固くないし、2~4時間も話しするネタもないし、1時間!いや30分?待ってる間の時の流れって遅いですよね。体感で1時間くらい漬けました。

 

 

そして!梅酒づくりにはかかせない!ほじほじターイム!

竹串でヘタをほじってとります。

絶対に鼻はほじらないでください。死にます。

 

無心でほじる人たち

 

 

これもエグ美がでないようにするための工程。ヘタをとらないとエグ美がでてくるそうです。エグ美ってだれ?

 

 

ヘタを全部とったら、水気をとります。もう色んなものをとるんです。ミニマリズム。シンプルイズベスト。

 

 

そしてここで「氷砂糖」を用意!

200gがいいとか600gがいいとか500~800gとかネットの連中は好き勝手なことばっかり書いててよくわからん!650g入れました。理由は店主の勘です。

梅を瓶の底に敷き、氷砂糖を入れ、また梅を入れ、氷砂糖、と交互に入れていきます。

 

 

ドバドバドバドバ!ホワイトリカー(1.8ℓ)を注ぎます。

珈琲を淹れるように丁寧に・・・入れる必要はまったくないそうです。

 

 

できました!完成ー!はやい!

では早速味見をば、、、

え、全然味がしない。無味無臭!ホワイトリカーって無味無臭!言いにくいな無味無臭!

えーと、なになに?な、なんと!なんてこった!半年も待たないといけないそうです!

現代っこに半年も待てなんて無理やで~。Amazonで買ったほうが早いやん。

なんて元も子もないこと言うひとは、Booking.comでビジネスホテルをさくっと予約、コンビニでチョーヤ梅酒を買って飲みましょう。

 

めんどくさい手間をかけて、まだかな~言いながら大事に待って、どんな味がするのかな?!と楽しみに思う。

そんな時間を楽しめる方に、ぜひ飲んでいただきたいなと思います。

 

ということで半年後にお泊りのラッキーなお客さんは、「自家製ひばり梅酒(第一号)」が飲めるかも!

 

楽しみにしていてくださいね~!

 

百年の旅を支える。

先日、フランスからお越しの車いすの方にお泊りいただきました。

 

<フランスはマルセイユからお越しのマダムたち。>

 

これまでひばりにお泊りいただいたお客さんの中で最長の、10泊!

彼女は片足が動きませんが、車いすということを感じさせないほどお元気。

 

部屋からは毎晩、壁を突き抜けて「イヒヒヒヒヒ!!」という魔女のような笑い声が聞こえてきていました。

「ギオン!イ~ナリ!イヒヒヒヒヒ!」

 

毎晩ふたりでなに話してるの?

「明日の旅程よぉ!話してるうちにワクワクしてくるのよ!イヒヒヒヒヒ!」

 

<お泊りいただいた庭付きスーペリアルーム。基本、ベッドはこのセッティングですが、>

 

<ベッドの向きこっちにできる?とご要望があり、くるっと移動。電動ベッドは重たいですが、しっかりしたキャスターがついてるので楽に変えられます。>

 

<「マットレスももうちょっと厚めだとありがたいのよぉ。足がフレームにあたっちゃって、あざできちゃう。」とのことで、厚いマットレスも追加。スイッチひとつで上下に動かせるので、ベッドが高くなっても簡単に移乗できます。>

 

<「この高さがぴったりだわぁ!」とのことで、急きょ椅子をテーブルに。家具がありすぎても邪魔になるので、なにをどこにどれだけ置くか、というのは常に考えています。お客さんの生活スタイルによって足したり減らしたりできるように、「軽い・小さい・そしてタフ(丈夫)」が家具選びのポイント。>

 

今回はご友人とふたり旅。

大学時代からのご友人とのこと。

「大学っていつよ?!30年前??40年前?!ヤバイわねぇ!孫はもう15歳よ!イヒヒヒヒヒヒ!!」

 

 

毎晩ごはんを食べながら今日行ったところについて話したり、故郷のマルセイユのことを聞いたり、店主も楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

彼女は基本車いすですが、松葉杖を使えばすこしだけ歩くことができます。

そして自分で車も運転でき、関西空港でレンタカーを借り、旅行中は毎日自分で車を運転してでかけていました。

ご友人の方は歩けますが、運転するのは車いすの彼女の方。

「彼女は地図係よ!わたし地図読めないの!イヒヒヒヒヒ!!」

 

フランスに住んでるのに日本の、しかも交通量の多い大阪や京都を運転しちゃうのはすごいね、と言うと

「ロンドンに住んでたことあるから、左車線は慣れてるわ!でも自転車がこわいわぁ。若い子がビュッ!と左をすり抜けていくのよ。みえないのよ!轢きそうになっちゃうのよ!でもそういう子はだいたいイケてる子だったわ!イヒヒヒヒヒ!!」

 

<車いすマーク付きのレンタカー。後ろに車いすをスポッ!と入れれます。最近の軽自動車は省スペース化が進んでいて便利ですね。ひばりの駐車場は軽自動車なら2台駐車できちゃうくらい、ゆったりしています。>

 

車いすで旅するのは、歩くよりずっと体力をつかいます。いろいろ気をつけたり考えたり調べたりもしなければいけないので、精神的にも余計に疲れると思います。

 

しかし彼女たちは毎日夜まででかけているのにとても元気で、

「のんびり休憩する日なくて大丈夫??」と聞くと

 

「大丈夫よぉ!インド行ったときに比べれば全然マシよぉ!親戚の子がインド人と結婚してインドの結婚式に行ったんだけどすごかったわぁ!結婚式中ずっとみんな踊ってるし、次の日もパーティしてるし、3日後も、4日後も、1週間以上ずーっと祝ってるのよ!途中でマルセイユ帰ろうかと思ったわ!イヒヒヒヒヒ!」

 

彼女たちと毎日話しながら、自分も彼女たちのように、いくつになってもこんな風に自由に旅を楽しんでいたいなぁと思いました。

そして彼女たちの日々の会話の節々に、「ずっと人生を楽しんでいける秘訣」のようなものを感じました。

 

 

よく僕は「どうしてこういう(バリアフリーな)宿をやろうと思ったのか?」と聞かれますが、その大きな理由のひとつに

「旅行者を支え、そしてじぶんも支えてもらうことができるから」

という思いがあります。

 

僕は旅が好きなので、「旅することが難しい、ちょっと大変、でも行きたい」という人の力になれることがうれしい。やりがいがあります。

 

そしてまた、自分もずっと旅をしていたい。と思っています。が、これから先なにがあるかなんてわかりません。

 

たとえばもし僕が事故や病気で車いすになったとして

ひばりをはじめる前だったら、僕はどうしていいか、だれに相談すればいいかもわからなかった。

でもいまは、ひばりに関わってくれる人たちやお客さんの中で、頼れる人がたくさんできました。そういう意味で、僕も支えてもらっています。

 

「100歳になっても旅するぞぉ!イヒヒヒヒヒヒ!」

 

なんていう気概もわいてきます。それは間違いなく、彼女たちからもらったものです。

長く生きることが当たり前になりつつある社会。自然と怪我や病気と付き合う時間も長くなります。ネガティブな思考ではなく、現実問題として。

自分がならなかったとしても、家族や友人や自分にとって大切な人の生活が変わることは、十分ありえること。

 

そんないまの時代にとって、「ハンディのある方が旅をする。人生を楽しむ。」というのは、それだけで多くの人のお手本になり、希望になり、支えになることだと思います。

 

だからぜひ、旅することがちょっと難しい!でも行ってみたい!という思いをもっている方にはどんどん色んな場所に行ってほしいし、その手伝いができたらと思っています。

 

京都じゃなくてマルセイユに行ってみたい!そんなご相談もウエルカムです。

(完全に彼女頼みですが。イヒヒ!)

 

100年旅できる土台を、一緒につくっていきましょう!イヒヒヒヒヒ!

 

<最後の記念写真がまさかのどアップ。はじめて自撮り棒の必要性を感じました。>

 

 

メルシーボクウ、マダム! ア ビアント!

 

店主 

鎌塚 慶一郎

1 / 212