うれしいニュース

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

うれしいニュースです。

 

車いすユーザーの方へ京都旅行情報を発信されているWebサイト、「ばりかん!京都」にひばりを掲載いただきました。

 

 

ばりかん!京都とは、

“観光地のバリアだけでなく、宿泊施設のバリア、交通のバリアといった観光に必要な情報を、車椅子を使用する当事者が集め、データを掲載する総合的な観光サイト”です。

(※「ばりかん!京都Webサイトより抜粋」)

 

こちらは「社団法人全国脊髄損傷者連合会 京都府支部」の監修で運営されており、格所丁寧に調査された上で発信されている、信頼性の高いWebサイトです。

 

今回掲載いただいたひばりの情報も、京都府支部 副支部長の方がわざわざ見学にお越しいただき、細かな情報を直接ご確認されました。

 

 

 

 

 

 

1階の設備に関しては高い評価をいただき、紹介されている宿泊施設のほとんどがしっかりとした設備を整えた大規模な旅館・ホテルという中、一軒家規模の町家の小さな宿が掲載されたことを嬉しく思います。

 

わたしたちの設備は、すべての人に対して十分といえるものではありません。

でも、それでいいと思っています。

 

わたしたちは、「選択肢のひとつ」です。

 

様々な宿泊施設があるなかで、ホテルにはホテルのサービス、ゲストハウスにはゲストハウスのサービスがあり、それぞれ価格帯も異なります。

 

人それぞれ好みやサービス、予算に応じて、ホテルがいいか、旅館がいいか、ゲストハウスにしようか、と様々な選択肢のなかで宿を選んでいます。

 

それと同じように、「ホテルにはホテルのバリアフリー、ゲストハウスにはゲストハウスのバリアフリーがあっていいんじゃないか」、というのが私たちの考えです。

 

寝たきりの人もいれば、杖や車いすさえあればどこへだっていける人だっている。

 

「体が不自由」とひとえに言っても、活動可能な範囲は人それぞれです。 

 

完璧な設備環境のみを求めると、結果「高額なホテル」という一択になります。

高額ゆえ旅行頻度は減り、需要は低くなり、必要なものが必要でないと判断され、普及を阻害する矛盾構造が生まれてしまいます。

 

わたしたちは選択肢のひとつであり、このような阻害要因をなくすための新しい取り組みの一例です。

 

これは足した方がいい、逆にこれはなくても構わない。

こうすればお金もかからないし、車いすに限らずどんなひとにとっても快適だよね。

 

ひばりの存在がそんな議論のきっかけになり、だれもが旅をしやすくなる環境整備への糸口となることを望んでいます。 

 

また、できることが限られているわたしたちではありますが、旅をしたいと思う人を全力でサポートしたいという思いでいます。

 

京都旅をご希望の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 

もちろん、見学も大歓迎です。

 

ケガをしても、病気になっても、100歳になっても、

旅を楽しめる社会を、みんなでつくっていきましょう。

 

ばりかん!京都Webサイト(ひばりページ)はこちら

http://www.barikan-kyoto.net/shosaih.php?id=160

 

ムーミン谷の十一月

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

ひばりの小さな庭にも、秋の気配がやってきました。

 

 

 

 

紅葉をみると、ゆっくり珈琲が飲みたくなります。

紅茶でも日本茶でもなく、珈琲。

なんででしょう、珈琲の実も赤いからでしょうか。

 

珈琲を飲むと、ゆっくり本が読みたくなります。

これもどうしてでしょう、本を読んでいると「こんな話しがあったよ」とだれかにその話しを伝えたくなったりします。

 

そんな原因不明の連鎖反応による店主の欲求を満たすべく、ひばりには徐々に本棚が増えています。

 

先日、シングルルームにも本棚をつくりました。

 

 

 

 

こじんまりしたお部屋に圧迫感がでないよう、幅の狭い棚につくりました。

 

ジャンルは特にありませんが、旅先で読んだらおもしろいのでは、と思う作品を選書しています。

 

今月のおすすめは、「ムーミン谷の十一月」。

 

 

ムーミンは“妖精”という表現をされることが多いですが、作者のトーベ・ヤンソンさんはスウェーデン語でVarelser(バーレルセル)。直訳すると“存在するもの”と言っています。

正確には「たしかにいることはいるんだけれども、なんといいあらわしていいのかわからないもの」という意味の言葉だそうです。

 

旅のよさも、ムーミンたちと同じようにうまくいいあらわせないものという気がします。

いろいろ言い方はあるのですが、これ、という表現がみつからない。

宿屋をはじめたいまも、そのよさをうまくいいあらわせません。

 

しかしムーミンたちの愛らしい生活や、スナフキンの楽しそうな旅路を読んでいると、まぁ別にいいあらわせなくたっていいかという気になってしまいます。

彼らの存在と同じように、いいものとして存在しているんだから。

 

“ムーミントロール童話の世界は、一作ごとに深さをましていきます。とくに、「このムーミン谷の十一月」では、自然の神秘を、すみきった感動にいいあらわそうとした、作者の著しい苦心のあとを感じます”

 

という翻訳者の解説の通り、自然の美しさを感じられる本書は、この季節にぴったりです。

 

本書はひばりのどこかに置いてあります。

 

旅も本書もバーレルセル、ということで、気になる方はぜひ探しにきてみてください。

 

それでは、よい秋を。

 

もうひとつの、市場の朝ごはん

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

はじまったたばかりの「市場の朝ごはん」ですが、食欲の秋のいきおいを借り、はやくもご好評いただいております。

朝ごはんをご予約の方には、こちらのチケットをお渡ししております。

 

 

ホームページからショップカードまでトータルデザインしていただいた、Mesda nu Kyad あやさんから贈っていただいた、ひばりのロゴスタンプ。かわいいですね。

(おっさんがかわいいというシーンに哀愁を思ってしまうのはなぜだろう。)

色がつくと、ロゴがより映えます。

あやさん、ありがとうございます!

 

そして、前回ちょっとだけお話ししました「もうひとつの朝ごはん」、はやくも決定しました!

 

京都にしひがしさんによる、「ちらし寿司朝ごはん弁当」です!じゃーん

 

 

 

カラフルでかわいらしい、市場のちらし寿司。

その日の朝につくられた出来たてのお弁当を、朝8時よりひばりにてお召し上がりいただけます。

お値段はおなじく、一食600円(税込)です!

 

サイズ比較のため、文庫本を置いてみます。いかがでしょうか?

小食の方には多く、いっぱい食べたい方には少なくみえるかもしれませんが、朝ごはんに最適な量にておつくりいただきました。

 

 

京都にしひがしさんは市場にお店を構えて40年、おいしい鯖寿司をつくられている市場のお店です。

 

もともと京都中央卸売市場でずっと仲買いのお仕事をされていた親方が、40年前にはじめられた市場ご用達のお店。

本当は鯖寿司がおすすめなのですが、「朝ごはんにはちらし寿司のほうがええんちゃう」とご提案いただきました。

 

市場の歴史を知りつくした市場の男!という雰囲気で、エプロンと長靴の似合うかっこいい親方。恐れ多くて写真は撮れませんが、親方と並ぶと細身の店主はポッキーを通り越して駄菓子のするめのようにみえます。(こっちはこっちで恐ろしい。。)

 

そんな無骨な風情の親方のイメージとはうってかわって、かわいらしいちらし寿司のお味はとてもやさしく、朝ごはんにぴったりのメニューとなっております。

 

お気に召された方は、どうぞ鯖寿司もご賞味ください。

市場価格なのでお値段もお得で、お土産にも最適です。

 

曜日ごとに変わるひばりの「市場の朝ごはん」ですが、基本的には

 

「月・火・木・金・土 」は食彩よしもとさんの「魚の煮付け朝ごはん定食」

 

「水・日・祝日」は 京都にしひがしさんの「ちらし寿司朝ごはん弁当」

 

 

となります。

 

 一点、ご注意いただきたいのは、

水曜日は、市場のカレンダーに沿って月ごと、週ごとにお休みの日が変わります。

よしもとさんが営業されているときは「よしもとさん」、お休みの日は「京都にしひがしさん」となります。

少しややこしくて申し訳ございませんが、ご希望のお客さまはご予約時にお問い合わせくださいませ。

 

それではお得でおいしい京都の市場の朝ごはん、ぜひご堪能ください!

市場の朝ごはん、はじまります。

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

季節外れの嵐も過ぎて、11月になりました。

いよいよ京都の紅葉が見ごろをむかえようとしています。

 

そんなこの秋より、開業時からやりたいと思い、ひそかに考えていたことがついに実現しました。

 

これより、「市場の朝ごはん」サービスをはじめます!

これまでひばりは素泊まりのみのお宿でしたが、朝ごはんのご予約を受け付け致します。

 

といっても、つくるのは私たちではありません。

朝ごはんをご提供いただくのは、市場の隠れた名店、「食彩よしもと」さんです。

 

 

これまでもご紹介の通り、ひばりは市場の近くにあるので、周辺には朝から営業されているお店がたくさんあります。

明け方からせっせと働く市場の人たちによって長年育てられた、朝活文化の市場めし。

旅は文化体験。ということで、ひばりにお泊りいただくお客さんにはぜひこの文化を文字通り、味わっていただきたい。

そんな考えから、市場のお店と提携させていただくことになりました。

 

よしもとさんは「市場の人たちのための商い」という思いからご自身ではほとんど告知をされておりませんが、「京都の朝ごはん特集」では多くの雑誌が取り上げる、隠れた名店です。

(店主はCasaBRUTUSの誌面で知りました)  

 

さらに、よしもとさんはひばりから徒歩約30秒!という「超」がつくほどのご近所さん。

走れば10秒です。(走る必要はないのですが)

朝ごはんはこちらのお店にて、お召し上がりいただけます。

基本的にはひばりではなくお店でのご提供となりますが、どうしてもお店へいくのが難しいという方のために、お弁当スタイルでのご提供を検討しております。お気軽にご相談ください。

 

 

気になる朝ごはんの内容ですが、

ひばり&よしもとの朝ごはんは、どん!

「魚の煮付け朝ごはん」

ごはん、お味噌汁、魚の煮付けに小鉢が3品つく、ボリューミーな朝ごはんです。

魚は主にサバですが、仕入れの関係で変わることもございます。

お値段は、一食600円(税込)です!

※こちらはひばり限定のメニューとなります。

 

 

 

朝食ご希望の方は宿泊のご予約時に、ご連絡くださいませ。

すでに素泊まりにてご予約いただいている方は、前日18時までにご連絡いただければ大丈夫です!

 

朝ごはんをご予約のお客さまには、チェックイン時に「朝ごはんチケット」 をお渡しいたします。

そのチケットをお持ちいただき、よしもとさんへお渡しください。

朝7:00~9:30の間にて、おすきな時間にご利用いただけます。

※お昼も営業されてますが、お昼に朝ごはんチケットをご利用いただくことはできません。朝限定のサービスとなります。

※市場で働く方々が多くご利用されているため、お席のご予約はできません。万が一満席の場合は、ちょっとお待ちいただくことになります。申し訳ございませんが、ご了承お願い致します。

 

ご予約なしの場合でも、よしもとさんの定番メニューはお召し上がりいただけます。(※お値段はそれぞれ異なります)

日替わり定食、お造り定食などもございますので、1日目は朝ごはんチケット利用、2日目以降は他の定番メニューとすれば、毎日食べても飽きないのでおすすめです。

 

また、よしもとさんは市場のカレンダーにそって営業されております。

市場がお休みの「日曜・祝日と時々水曜日」はよしもとさんもお休みのため、朝ごはんサービスはございません。

 

現在よしもとさんがお休みの日のための、「もうひとつの市場の朝ごはん」を検討しております。こちらも決まりましたら、あらためて発表しますね!

 

また、お問い合わせはよしもとさんではなく、ひばりまでご連絡ください。よしもとさんではお問い合わせ受付できません。

この点、お間違えなくお願い致します。

 

わたしたちもよしもとさんもはじめての試みなので、ご不明な点も多々あるかと思いますが、なにか気になることがありましたら、ひばりまでお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、市場の人たちのお腹を満たしてきたよしもとさんの朝ごはん、ぜひご堪能くださいませ。

 

ご予約、お待ちしております!

生麩と鴨とお茶マルシェ

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

前回市場で行われた食彩市のレポートを書きましたが、あらためてみるとお魚のことばっかり。

マグロ解体や狩人たちのインパクトが強すぎただけで、他にもたくさんあるんですよ!

ということをご報告したく、食彩市レポート第2弾!をお届けします。

 

 

まずは京都の生麩の老舗、「半兵衛麩」さん。

創業はなんと元禄二年(1689年)!老舗中の老舗の超絶おいしい麩屋さんです。

 

京都市内中に店舗があり、五条大橋のたもとに本店があるのですが、この中央市場店はなぜかホームページに載っていません。

会社概要の所在地欄に住所は書かれているので直営店に間違いはないはずなのですが、なぜか直営店リストには載っていないのです。

 

なのでこんなところに半兵衛麩さんが!とはじめてみたときはちょっと驚きました。

そんな隠れ半兵衛麩さん、食彩市では大盤振る舞いのサービスをされております。

 

 

なんと麩の袋詰め放題、500円ぽっきり!

高品質な京麩をワンコインで取り放題とあれば、狩人たちが黙っていません。

当然、パンパンに詰めてます。

あっという間に列ができてしまいました。

 

列といえば、こちらのお肉屋さんも。

 

「品川亭」というお肉屋さん。店主ははじめて知るお肉屋さんですが、こちらにも人がひっきりなしに並んでおりました。

 

看板?の「ハムノーセージ」に下町ならではの哀愁を感じます。

「特撰」はちゃんとしてんのに。。そっちの方が難しくない?

おそらく「ソーセージ」に直す必要がないほど売れているんでしょう。

 

さっきまで魚ばっかり食いたいと思っていたのに、お肉をみていたらもう気持ちがお肉に傾いてきてしまいました。食欲って浮気もの。

 

こちらのお店ではありませんが、別のお店で「あい鴨スモーク」が250円!で販売されており、衝動買い。

 

 

お店のおばちゃんに「サラダに入れてもおいしいし、からし醤油でそのまま食べてもおいしいよ~」と教えていただきました。 

早速帰って実食。はい、どちらもめちゃくちゃおいしい!

うますぎて写真撮るの忘れてしまった。。

 

食彩市の日は市場内だけではなく、市場周辺でも特別なイベントをしています。 

 

ひばりから徒歩5分の場所にある、「京の食文化を発信」をコンセプトに開設された「あじわい館」

ここでは、市場から卸される青果やお魚の紹介や試食、また料理教室など様々な方法で、市民や旅行者向けに京都の食文化を知ってもらうためのイベントを行っています。

 

食彩市のこの日は、宇治茶を楽しむ「お茶マルシェ」を開催!

店主は市場を楽しみすぎて時間切れ。店番タイムに突入してしまい残念ながらいけませんでしたが、宿直スタッフのSちゃんがおもしろそう!と行ってきてくれました。

 

利き茶ゲームや宇治茶ソムリエ講座、茶団子づくり体験など色々ありますが、そのほとんどが無料!

あっても参加費はたったの100円など、お財布に優しすぎるイベントばかり。

ひとりでも多くの人に京都の食文化を知ってほしい、という思いのなせる価格ですね。

 

Sちゃんは抹茶アート体験してきました!と言ってなんと!

ひばりを描いてきてくれました~!

 

 

さすが女子!かわいいですね~ 。これはうれしい。

そしてお土産に抹茶ティラミスと焼き菓子3点セットまで買ってきてくれました。

 

 

魚と肉を堪能し、そろそろデザートが食いたいと飢えていた店主はすぐさまコーヒーを淹れ、

抹茶&栗パウンドをいただきました。

そしてまたも写真を撮り忘れる失態。

パウンドだけ写真にはおさまらず、私のお腹におさまっております。

 

あじわい館では他にも毎日いろんなイベントが行われているので、食彩市の日じゃなくても楽しめます。

ひばりへお越しの際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

「京の食文化ミュージアム あじわい館ホームページ」はコチラ↓

https://www.kyo-ajiwaikan.com/

 

以上、食彩市レポート第2弾!でした。