子どもが産まれました。

 

 

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

京都はいま、雨が降っています。

 

私事ですが先日10月8日、はじめての子どもが生まれました。

 

男の子で、名前は「耕(こう)」と言います。

 

すこし長めの入院を経て、昨日から自宅での3人暮らしがはじまりました。

 

 

命が宿ったことを知り

 

心臓の音を聞き

 

体が形づくられ

 

すこしずつ体重が増え

 

手足の動きが目にみえてはげしくなっていく

 

ひとつひとつ順番に与えられる「はじめて」がうれしく、

その都度子どもの存在と、新しく変わっていく生活を実感していましたが

 

昨日3人で自宅に帰り、準備したベッドですやすやと眠る子どもの顔をみて

 

 

「やっと、はじまるな」と思いました。

 

 

今日までの10か月は決して短い時間ではありませんでしたが

 

はじめて心臓の拍動を聴いた日はついこの間のようで

 

その音の主がいま私たちの自宅にいて

 

妻のお腹ごしに触っていた手足に、直接触れることができる。

 

 

ひとしきり泣いたあと眠りについた子どもの寝顔を眺め、降る雨音を聴きながら、

ふとカリール・ギブランの詩を再読しました。

 

あなたの子供は、あなたの子供ではない。

彼等は、人生そのものの息子であり、娘である。

彼等はあなたを通じてくるが、あなたからくるのではない。

彼等はあなたとともにいるが、あなたに屈しない。

あなたは彼等に愛情を与えてもいいが、あなたの考えを与えてはいけない。

何故なら、彼等の心は、あなたが訪ねてみることもできない、

夢の中で訪ねてみることもできないあしたの家にすんでいるからだ…。

 

詩を声に出して読み

 

子どもの顔をみる。

 

これから子どもを育てる上で大変なことは山ほどあるのだろうけど

 

いつかは触れられない存在になっていくのだから

 

いまこうして触れていられる時間を忘れないよう、抱いていられるだけ抱いていたい。

 

 

小さな手に小指をのせると、包むように握ってくれる。

 

いつかこの手が自分の進む道を開いていくまで

 

しばしの間、手をつないで一緒に歩んでいきたいと思います。

 

新しい生活がはじまり、ひばりにもちょっとずつ変化が生まれてくると思います。

 

どう変わっていくのか、私自身楽しみです。

 

それでは、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

ひばり店主 鎌塚慶一郎

名前のないノラ猫

 

 

うちによくくるノラ猫がいる。

 

毛色は白黒。時にはすこし丸く、時にはひどく痩せている、眼光の鋭い猫。

 

一ヶ月に一、二度顔をだす日がはじまって、もう半年だろうか。

 

ノラに名前はない。

 

名前のないこの猫をみるたび、ある物語を思い出します。

 

あるところに、長生きをしたおばあさんがいました。

 

いい友だちとたくさんのいい時間を過ごしたが、おばあさんはとても長生きしたので、

 

友だちはみな先にいなくなってしまった。

 

名前を呼ぶ友だちがみんないなくなってさびしくなったおばあさんは、自分より長生きするものに名前をつけました。

 

車、椅子、ベッド、家・・・。

 

自分より先にいなくならないものたちに名前をつけることで、おばあさんは安心しました。一人でもさびしくはありませんでした。まるでたくさんの友だちに囲まれているように感じていました。

 

そんなある日、家の前に子犬がやってきました。

 

お腹をすかせている子犬に、おばあさんはご飯をあげた。

 

「家へお帰り」といって、賢い犬はどこかへいきました。

 

次の日も子犬はきて、おばあさんはご飯をあげ、「家へお帰り」といい、また次の日も子犬はきて、ご飯をあげ、「家へお帰り」という。そんな日がしばらく続きました。

 

おばあさんは、その子犬に名前をつけませんでした。

おばあさんは、自分がその子犬より長生きして、先にいなくなってしまうのが怖かったのです。

 

子犬はもう子犬とは呼べぬほど大きくなりました。

 

しかしある日、犬がぱったりこなくなりました。次の日も、おばあさんがいくら待っていても、犬はきません。

いてもたってもいられなくなったおばあさんは、迷子犬を預かる場所へ電話をしました。

 

「犬の名前は?」と聞かれましたが、おばあさんは答えられません。

 

なんとかその犬をみつけたとき、おばあさんは気づきました。

 

名前があるということ。名前をつけるということ。その意味。そしておばあさんは、犬に名前をつけました。

犬の名前は・・・。

 

「名前をつけるおばあさん」というおはなし。

 

どんな名前をつけたか気になるという方は、ぜひ本を読んでみてください。

 

名前をつけるというのは、愛するということ。

この本を思い出すたび、そう思います。

 

おばあさんは愛するものがいなくなるのが怖かった。だから名前をつけることができなかった。

 

「耳をすませば」というジブリ映画に、「ムーン」というノラ猫がでてくる。

 

この猫は他にもいくつか名前をもっていて、ご飯をもらう各家々の人たちが、それぞれ勝手に名前をつけて呼んでいます。

 

ムーンは愛想のないむすっとした猫ですが、名前の数だけ愛されているようです。

 

 

うちは宿なので、毎日いろんな国からくる、いろんな名前の人と出会います。

 

こんな名前もあるんだな、と知るたび

 

新しい愛し方を知ったような気がします。

 

「名は体をあらわす」という言葉がありますが、「体」とは名付けられた方ではなく、名付けたの方の「体」であり、「愛」なのかもしれませんね。

 

うちによくくるノラ猫。名前はあるかもしれないし、ないかもしれない。

 

名前をつけようか、どうしようか。

 

月が巡るたび、私はすこし悩んでいる。

 

 

一部メールアドレス受信不可のお知らせ

 

 

※日本語文は英語の後にございます。

 

Dear Guests

 

We have got a lot of junk mails from China ( over 10000 mails in a day). 

Now , we can not confirm the e-mail from “@qq.com” .

Please use other e-mail when you send to us.

And please contact us again if you can not confirm our reply over 24hours.

I am sorry for bother you.

Thank you for your understanding.

 

Hibarihostel

 

お客様各位

 

昨日9/6(金)より、中国からと思われる大量のスパムメールが届いております。

それに伴い、現在下記メールアドレスからのメールの受取を拒否する設定をしております。

 

「@qq.com」

※他、これに類似するアドレス含む(例:QQ.com , 163qq.com など)

 

上記アドレスからのメールは現在一切の確認ができませんので、お問い合わせは他のメールアドレスのご使用をお願い致します。

また現在対策をしておりますが、1日に1万通以上のスパムメールが届いている状況です。

迷惑メールフォルダへの振り分け検知も最大に設定しているため、正常なメールも誤検知してしまう可能性がございます。

もしお問い合わせいただいた後、24時間経っても返信が確認できない場合、恐れ入りますが再度ご連絡いただくかお電話でのお問い合わせにてお願い致します。

 

お手数をおかけし申し訳ございませんが、ご理解の程何卒よろしくお願い致します。

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

店主 鎌塚

アルバイトスタッフ募集のお知らせ

 

 

ひばりでは現在、アルバイトスタッフを募集しております!

毎日、国内外から来られる旅行者を迎えるお仕事です。

仕事自体は難しいことはなく、シンプルなことの繰り返しですが

京都はいい町だな、日本っていい国だな、また来たい!そう思ってもらえることが大切だと思っています。

旅行者が安心して宿泊し、なにか困ったことがあれば手を差し伸べ、京都を心から楽しめるように。

そんな仕事をお手伝いしてくださる方を募集しております。

詳細は下記の通りです。

 

◆募集要項

<勤務時間>

朝8時~昼12時まで(4時間)

<勤務内容>

接客(チェックアウト対応、軽朝食用意)館内・客室掃除など

<給与>

時給900円~

<勤務日数>

応相談(週1からでもOK!)

<語学力>

日常会話程度の英語と日本語能力

(英語は勉強中!という方も歓迎です。)

<外国籍の方>

就労ビザが必要です。

 

<応募方法>

下記メールアドレスに簡単な経歴と、顔がわかる写真を添付ください。

宛先:mail@hibarihostel.com

 

以上です。

ご応募お待ちしております!

 

平旅籠ひばり Hibarihostel

店主 鎌塚

 

 

 

 

二周年*変われる強さ、変わらぬ思い

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

先日8月1日、ひばりは2周年を迎えました。

みなさまのあたたかいご支援のもと迎えられた2周年という記念すべき日は、

汗だくで掃除して「あつ~い、あつ~い」なんて言ってる間にいつの間にか過ぎてしまいました。

冬の記念日だったら、みなさまのあたたかさをもっともっとありがたいものとして、実感できるのに!

なんて、すいません。

 

この1年を振り返ってみると、私自身はなにも変わっていませんが、宿は大きく変わりました。

まず2月に、ひばりのとなりで小さな本と骨董の店・「旅耕社(リョコウシャ)」をはじめました。

 

 

ひばりにお泊りいただく方に、この場所でしか出会えないものを楽しんでいただきたい。

そして宿だけでは出会うことのできない、京都に住む人たちにも楽しんでいただけるスペースをつくりたい。

そんな思いからはじめた本屋を一番楽しんでいるのが、自分。

というのは、なんて幸せなことだろうと思います。

 

事業拡大だね!儲かってる?とときどき聞かれます。

個人でお店をやっている方や、本に携わっている方は、”本”という商材がどれほどお金にするのがむずかしいかというのはよくご存知だと思います。

”お金”としての価値で言えば全然儲かりはしませんが、”豊かさ”としての価値で言えばまちがいなく、儲かっています。

口座残高が増えなくても、安心することはできます。

私にとって、本棚はそのひとつ。

仕事場にそんなスペースをつくれたことは、この1年で一番の収穫だと感じています。

またそんな場所でお客さんが楽しんでくれる風景を見られることは、なににもかえがたい時間です。

 

 

 

もうひとつ、4月から「キフ珈琲」という、「珈琲屋のふりをした寄付活動」をはじめました。

毎月の利益を、猫や子どものために活動している個人または団体に寄付する、という個人的な活動です。

設備費・人件費は私個人負担なのでゼロ、純粋に仕入れた珈琲豆代と、いただいた寄付の差額を毎月寄付しています。

 

 

 

寄付といっても絶対においしい珈琲を出したい。と思っているので、コストはかかっても良質な豆を仕入れています。

寄付なんてできずに、赤字を垂れ流す”自己満足”にすらならない”自己不満足”活動になったらどうしようかと思いましたが、いまのところ小額ではありますが、毎月寄付できています。

(寄付額の詳細については、Instagramアカウント @kifucoffee.kyotoにてご報告しています。)

ご協力いただきました方には、この場を借りてあらためて御礼申し上げます。

 

<インスタグラムアカウントは、このロゴが目印。バクのシッシ(尿)でバクシーシ=喜捨。>

 

 

以上2つが、この1年で大きく変わったこと。

最後に、なにも変わらなかったことについても書きたいと思います。

 

ひばりはユニバーサルデザイン設計の町家の宿として、今年も様々なお客様にご利用いただきました。

目に見える不自由を抱えている方から、見えない不自由を抱えている方まで。

この文章を書いている今日も、先天性の病のある方にお泊りいただいています。

 

変わらなかったこととして誇れることは、これまで「部屋が空いていない」という理由以外で宿泊をお断りしなかったことです。

 

ひばりでは、どんな方でもできるだけお泊りいただけることを心がけていました。

設備的にどうしてもむずかしい部分があり、お客さんの方から断られてしまうことはありましたが、こちらから宿泊は無理、ということはありませんでした。

 

ホステルは共用スペースが多いため、ある一定の方をお断りしないといけないと考えられるところも多くあります。特に多いのは、乳幼児をお断りするケースかと思います。

これはどちらが良い・悪い、という問題ではありません。

そういう判断をされることは、とても理解できます。

 

私は個人的に、いまよりもっと寛容な社会を望んでいます。

不快と感じるものを除くことで快適にするよりも、不快と感じる感性を柔軟に変えていけるように。

こういうと少し聞こえがいいかもしれませんが、こう書くとどうでしょう?

私はひばりという場所で、個人的に望む「寛容さ」をゲストに押し付けている。

なんだかわるいことのように感じますね。お金をいただいているのに何様だ、と思われる方もおられるかもしれません。

実際、いやな思いをさせてしまったお客様もいたかもしれません。

 

幸いなことに、いやな思いをしたと言われたことはなく、私のこの個人的な考えを強く否定されることもなく、決定的な問題が起こり変えざるをえなくなったということもなく。

変わらずに穏やかで暑い、2周年を迎えられました。

変わらないことで、私が一番うれしかったことです。

 

「変われる強さ、変わらぬ想い」

あるゲームのキャッチコピーだったと記憶していますが、ゲームをやったこともないのに、店頭でみかけたそのコピーだけはいまも覚えています。

「想い」ということばは私の中ではちょっと重いので、「思い」に変えて心の中で唱えています。

 

「変われる強さ、変わらぬ思い」

 

3年目も、そうやって歩んでいきたいと思っています。

 

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

 

店主 鎌塚 慶一郎