京都の下町

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

今日はひばりのある「七条・丹波口」というエリアについて、ご紹介致します。

 

ここは京都駅から一駅とアクセスのいい立地ながら、祇園などの有名観光地からは少し距離があるため、これまであまり知られていませんでした。

 

しかし、「京都水族館」や「京都鉄道博物館」ができた梅小路公園や、祇園のような京都らしい風情の残る島原エリア、そして人気観光地の嵐山へも電車で一本など見どころが増えてきたことから、近年急速に発展してきています。

<京都水族館>

 

 

<島原エリア>

 

さらに2019年春には京都駅―丹波口駅間に新しい駅ができる予定で、現在工事の真っ最中。

より一層アクセスがよくなるので、はやくできないかな~、と完成を楽しみにしております。

 

しかし、私がこの町の魅力だと思う点は、その発展性だけではありません。

 

これから次々とできる新しいお店や施設ももちろん楽しみなのですが、この町にはすでに大きな魅力があります。

 

それは、京都の食を支えるといわれる「京都中央卸売市場」のもつ、“圧倒的なローカル感!”です。

 

 

 

 

明け方から開いているコーヒー屋、食堂、食材・日用品の店。

前掛け姿で食材を運ぶ男たち。

お店を切り盛りする女性たち。

道を歩けば、どこからかただよってくる炭火焼き鰻の香ばしい匂い。

 

ステレオタイプな京都らしい景色をいい意味で裏切ってくれる、

まさに「下町」といった風情を感じる場所です。 

 

京都中のお店にとどまらず、市外・府外からも買い付けにこられる料理人さん、小売業者さんがたくさんいるので、朝からとても活気があります。

 

卸売専門の市場なので市場内で個人的にちょこっとだけ買う、ということは残念ながらできませんが、たくさんの小売店さんが市場に隣接してありますので、市場の食材を購入しひばりで食べる、といった楽しみ方もできます。

 <材料から、調理されたものまで>

 

京都にはたくさんの名店があり、食事を楽しみにされている方も多いと思います。

その食を支えている京都の市場って、どんなところなのか?

市場を知ることで「京都の食」をより深く楽しめると思いますし、

そんな旅の楽しみ方は、このエリアでしかできません。

 

「新しい発展性」と「古きよき下町感」

 

この2つが入り混じった「七条 ― 丹波口」エリアは、隠れた魅力があふれています。

 

一見しただけでは見逃してしまいそうな魅力を、ひとつひとつ見つけ出していくのが私の目下の楽しみでもあります。

 

京都駅から一駅のローカルな下町を、ぜひお楽しみください。

 

旅先の名月

こんばんは、店主の鎌塚です。

 

明日は中秋の名月

もうすっかり秋になってしまいましたね。

 

京都では明日からたくさんの場所で、名月を楽しむイベントがございます。

数あるイベントの中でひばりがおススメするのは、こちら!

 

【観月の夕べ in 大覚寺・大沢池】

 

大沢池は「日本三大名月鑑賞池」のひとつに選ばれるほど、月がきれいに見られる場所です。

 

ひばりからのアクセスがとても便利なことも、オススメな理由のひとつ。

ひばりの最寄り駅、JR嵯峨野線「丹波口駅」から電車に乗って「嵯峨嵐山駅」まで約15分。

「嵯峨嵐山駅」から「大覚寺」までは徒歩約15分と、30分程度で行くことができます。

 

旅先で月を眺めるというのは、それだけで特別なもの。

 

私がむかしモロッコの砂漠を訪れたときは満月で

真夜中でも灯りなしで散歩できるほど明るかったことを覚えています。

 

温もりを感じない、ただただ美しいだけの無機質な月の光を浴びながら砂の上を歩いた夜は、

まるで異世界に迷いこんでしまったかのようでした。

旅先でみる月には、時々そんな魔力のようなものを感じます。

 

明日からはじまる名月を、京都を旅する人々はどのように感じられるのでしょうか。

京都に住むわたしには想像することしかできませんが

舟に乗りながら眺める月は、さぞきれいなことでしょう。

 

他のお月見イベントは、こちらのサイトよりご確認いただけます。

「KYOTO desigh」

https://kyoto-design.jp/special/kangetsu

 

名月の京都を、どうぞご堪能ください。

 

【観月の夕べ in 大覚寺・大沢池】

日程 10/4(水)~6(金)

時間 17:00~21:00 (受付は20:30まで)

参拝料:大人500円 小中高生300円

舟券:1000円(各日15時頃から勅使門前にて販売予定)

問い合わせ:075-871-0071

アクセス:

JR 嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩15分

市バス・京都バス「大覚寺」下車、徒歩1分

 

ひばりの由来

  

 

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

ときどき、「どうしてひばりという名前なんですか?」と聞かれます。

 

ひばりは漢字で「雲雀」と書く、雀(すずめ)に似た鳥です。

 

ひばりのある場所は、「朱雀」という鳥の神様の名前のついた町にあります。

またオープンの今年が酉年ということもあり、鳥の名前に縁があっていいなぁと思いました。

 

ひばりは小さい体ながら、雲にむかって天高く飛ぶ姿から、「雲の雀」と書かれるようになったそうです。

私たちのお宿も、小さくとも高い向上心をもち、たくさんの人の役に立てる場所でありたいと思い、

屋号にしました。

 

そのため、ひばりにはお宿のそこかしこに鳥のデザインが施されております。

 

 

 

 

といってもまだまだ少なく、もっと増やしたいなぁと思い、とある作品を購入。

 

この作品をみて、店主は思いました。

「これ、自分でつくれへん?」

ということで善は急げ、レッツトライ! はいできました。

 

 

ヘタクソ~、でもこちらにはひばりの特徴であるトサカもついてます。

不格好ですが、自分の手を動かしてつくったものには愛着がわきますね。

わたしの目にはとてもかわいく映ります。

 

かわいい我が子を羽ばたたせたい!と思い、2階廊下の梁に釣り下げます。

 

親子でつくりました。こちらはまるで天窓から降り立ったかのよう。

 

 

 

水玉タイルの洗面台を泉に見立てて、鳥の水飲み場に。

 

 

着水。

 

 

 

セットして早速、1歳のお子様から好評をいただきました。

嬉しくて、ドヤ顔で自慢していたら破壊されそうになりました。ドヤ顔はいけませんね。

 

これからもどんどん、ひばりらしいアイテムを揃えていきたいと思います!

 

ぜひ、お楽しみください。

 

 

Music Festival Break

こんにちは、店主の鎌塚です。

 

本日9/23(土)はそう、くるりさん主催の京都音楽博覧会in梅小路公園!

毎年大盛り上がりのこのフェスも、今年で11年目になるそうで

 

ひばりは梅小路公園まで徒歩5分という好立地から、音博フェスに参加されるお客さんからたくさんご予約いただきました!

ありがとうございます!ありがとうくるり様!

 

お客さんのお荷物預かりがおわり、お掃除がおわり、空を見上げれば澄み渡る青い空。

 

気づけばちょっと外出時に使うホワイトボードをきゅきゅっと書きなおし、駆け出しておりました。

ちょっと!ちょっとだけだから~

 

上海蟹、たべたい!と口ずさみながら、食べ物エリアをうろつきます。

 

 

 

 

どこもかしこも、めちゃくちゃおいしそう!朝ごはんを食べ損ねていたので、よだれが、、、

 

有名なB級グルメのチャンピオン、富士宮焼きそばと牛タン、ハーブソーセージをチョイス。

 

 

初めて食べる富士宮焼きそばはモチっとしてて、おいしかったです。

 

そしてそして、やっぱりフェスといえばそう、このお茶ー!

 

 

 

ぷはー!あぁーー!くぁーー!なんてうまい茶なんだ!

勤務中にお酒なんて論外やけど、お店の人は麦からつくられてるっていうてたし、これはきっと麦茶!

お家でもいきおいよく入れたら泡立つときあるし。

焼きそばにも牛タンにもハーブソーセージにもあうあう!くはー、たまらん!

 

チケットはもってませんが物販エリアにはいけたので、テンション上がってグッズも購入。

なんでこんなに気持ちがいいのでしょう。麦しか摂取してないのに~

 

 

 

おんぱくタオル!良質な今治タオルです。

女の子の頭の上には鳥さんが。ひばりちゃんということにしとこう。

今日はひばりのどこかにこのタオルを置いてます。

 

 

Tシャツも買うてしまいました。ここにも鳥(にわとり)が!

今日はこれをきて接客します。

 

心地いい風に吹かれながら、芝生の上でちょこっとだけ音楽をおすそわけいただき

張り詰めた日々が溶けていくような、大満足の一日でした。

 

そろそろ音博も終わり、琥珀色の空の下を歩いて、お客さんが帰ってきます。

わたしは一足先にひばりに戻り、お迎えの準備。

 

感想をお聞きするのが楽しみです。

まだ行かれたことない方、来年はぜひ!おすすめです。

 

緑のパワー

さてさて、改修も終盤。

内装は完成の姿が垣間見えるほどになってきた7月後半、遙々埼玉から庭のスペシャリストがやってきた!

たっくさんの木々と砂利とその他いろいろを載せたトラックに乗って。

庭師のたーくんとはご縁あってお庭をお任せすることになりました。

今まで「ここが庭でぇー…」とか考えてきたけど、実際にどんなふうになるのかは、想像力と庭の知識の乏しいわたしには想像がつかない。

それではまずはBeforeから。

こちらはスーペリアルーム専用の中庭。

埼玉よりやってきた木々はまだ鉢に入ったままで、庭は土をいれただけの状態。

真中にかまえる沓脱石(くつぬぎいし)は離れと母屋をつなぐ廊下の下に隠れていたものを解体中に発見。

男四人がかりで前庭へ移動し、再び沓脱石として活躍してもらっています。

こちらは前庭。

脚立と壁塗り用の土の樽などでかなりの現場感。殺風景であります。

真夏の京都の暑い中、限られた時間で造られていく庭。

木々たちも長いお引越しの後、新しい慣れない土地に植えられるのでまだまだよそよそしい。

これからここに根付いて季節を知らせてくれるのね。

前庭には秋をお知らせする紅葉がどーーーん!

紅葉は横に枝を伸ばしていくので、背の高い紅葉がほしい場合は初めから背の高い子を見つけて植えるしかないのだそう。

いつか前庭をこの子が覆うことになるのかしら。

前庭は和風にこだわらず、森っぽい、気取らない感じにお願いしていました。

木を選んでいただき、それらが植えられ、その足元には彩りを添える花と苔が植えられます。

焼き杉の茶色に緑が映える!

砂利を敷いて完成。

前庭は日の光もたっぷり入るので、今はこのときよりも苔が増えた気がします。

そして中庭。働く男たちの写真をお楽しみください。

お庭という要素が入ると、部屋の雰囲気が、もう全然違う。奥行きが増すといいますか。

ただ泊まるだけの部屋でなく、のんびりぼんやりと時間を楽しみ、季節と文化を愛でる空間へ。

緑のパワーはすさまじい。

 

これからこの子らの育ての親となる過程でも、ちょいちょい気軽に相談できる庭の魔術師たーくん。

ほんまにありがとうございました。そしてこれからもよろしくね。